「トリキュラー21」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

トリキュラー21

  • 確実な避妊がしたい
  • 月経困難症:酷い生理痛、出血量が多い
  • PMS月経前症候群):生理前の身体・精神的症状
  • 大人ニキビ:ホルモンバランスの変化やストレスなどによるニキビ
  • 子宮内膜症
  • 現在の避妊薬の調達コストが高い
  • 女性ホルモンである卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」は、女性機能の発達、妊娠・出産、身体機能の維持などに大きく関係している非常に重要なホルモンです。これらのホルモンの増加&減少によって生理周期のリズムが作られ、妊娠出産が成立します。

    トリキュラー21は低用量ピルと呼ばれる少量のエストロゲンプロゲステロンを含有している女性ホルモン製剤です。女性自身で生理や妊娠をコントロールし、パートナーに頼らず簡単に実行できる経口避妊薬です。高い避妊効果があり、正しく服用した場合の避妊率はほぼ100%です。

    低用量ピルは3つの部位に作用して避妊効果を発揮します。

     

  • 1番目は卵胞を成熟させるホルモンの分泌が抑えられるため、 排卵が起こらなくなります。これは、低用量ピルを服用して女性ホルモンを体内に取り入れることで、脳下垂体が「女性ホルモンがたくさん分泌されている=妊娠状態」と認識するためです。
  • 2番目は、上記と同様の理由で子宮内膜の増殖を抑えて受精卵が着床しにくい状態にします。子宮内膜は受精卵のベッドになるため増殖して厚くなることで受精卵を着床しやすくする作用がありますが、子宮内膜が薄いと着床しにくい=妊娠が成立しにくくなります。
  • 3番目は、黄体ホルモンの作用によって子宮頚管(子宮の入り口)の粘液を変化させて精子の子宮への侵入を防ぎます。
  •  

    尚、服用を中止すると脳下垂体は再び卵巣を刺激して排卵を促すようになります。

    低用量ピルは排卵を抑制することで卵巣や子宮を休ませてホルモンバランスを一定に安定させるため、避妊以外にも月経困難症、PMS(月経前困難症)、子宮内膜症更年期障害、難治性ニキビなど多くの治療に対して改善効果を発揮します。

    トリキュラーは第2世代3相性と呼ばれるピルで、有効成分として黄体ホルモンであるレボノルゲストレルと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールを含有しています。

    「3相性」はホルモン配合量が異なる3種類の錠剤をシートの順番に従って服用するタイプの薬を言います。生理周期における日々のホルモンバランスの変化に沿って上手いこと作用するよう配合されています。必要最低限のホルモン量で構成されているため、余分な量のホルモンを取り入れることがなく安心です。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

トリキュラー21

「ジネット35」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

ジネット35

女性機能の発達、妊娠・出産、身体機能など生涯に渡り多くの機能に深く関わる重要なホルモンである女性ホルモンには卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」の2種類があります。これらのホルモンの増加・減少から生理周期のリズムや妊娠出産が成立しています。

低用量ピルは少量のエストロゲンプロゲステロンを含有する女性ホルモン製剤です。ごく少量の女性ホルモンを補充することで女性自身で生理や妊娠をコントロールし、パートナーに頼らずに避妊をすることができます。非常に高い避妊効果があり、正しく服用した場合の避妊率はほぼ100%です。

低用量ピルは3つの作用によって避妊効果を発揮します。

1つ目は排卵抑制作用です。低用量ピルによって脳下垂体が「女性ホルモンがたくさん分泌されている=妊娠状態」と認識するために排卵が起こらなくなります。

2つ目は子宮内膜の増殖を抑えて受精卵を着床しにくくする作用です。子宮内膜が増殖せず薄いままだと着床しにくい=妊娠が成立しにくくなります。

3つ目は、黄体ホルモンの作用によって子宮頚管(子宮の入り口)の粘液を変化させて精子の子宮への侵入を防ぐ作用です。

このように3段階において妊娠を回避する作用があるため高い避妊効果を発揮します。尚、服用を中止すれば排卵は再開します。

低用量ピルは排卵を抑制することで卵巣や子宮を休ませてホルモンバランスを整えるため、避妊目的以外にも月経困難症、PMS(月経前困難症)、子宮内膜症不妊症、更年期障害、難治性の大人ニキビなど多くの治療に対して有効です。

ジネット35は有効成分として酢酸シプロテロン(黄体ホルモン)とエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)を含有する新しい世代の低用量ピルです。インドの大手ジェネリック医薬品メーカーシプラ社から販売されています。

ジネット35は海外では非常に有名な低用量ピル「ダイアン35」のジェネリック医薬品であり、同成分・効果でありながら低価格で購入できます。副作用が少なく、小柄なアジア人向けだという呼び声が高いです。

有効成分の酢酸シプロテロンは従来の低用量ピルの黄体ホルモン製剤にはなかった「男性ホルモンを抑制する作用」を持っています。そのため男性ホルモンの優位が原因で起こる大人ニキビに対して従来のピルより高い改善効果があり、海外ではニキビ治療に特に多く使用されます。

この作用によって男性型の多毛症や抜け毛に対しても改善効果が期待でき、更に巷では女性化希望の男性でも本剤を愛用している方が多いと言われています。(男性が服用する前提で開発されていないので、決して自己判断で安易に服用しないでください。)

ジネット35は日本では未認可の低用量ピルであるため流通していません。
インターネットで検索してみるとごく僅かのクリニックで取り扱っているようですが、基本的には国内の医療機関では手に入らないと思っておいたほうがいいでしょう。

ジネット35をはじめ低用量ピルの価格相場は約2,000~3,000円、ジェネリック医薬品だと約1,500〜2,000円です。ここに診察料・処方料・調剤料など諸々の受診費用が加算されると総額ではおよそ6,000~7,000円前後になるかと思われます。
尚、自費診療(保険が効かず、全額自己負担)となります。
また、内診や血液検査など何らかの処置を受けた場合は更に1,000~数千円追加されます。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

ジネット35

「ヤスミン(ヤーズ)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

ヤスミン(ヤーズ)

女性ホルモンである卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」は、女性機能の発達、妊娠・出産、身体機能の維持などに深く関わる重要なホルモンです。これらのホルモンの増加減少によって生理周期のリズムが作られ、妊娠出産が成立します。

ヤスミンはこの2つの女性ホルモンを少量含有する低用量ピルです。有効成分として黄体ホルモンであるドロスピレノン3mgと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオール0.03mgを含有しています。ホルモン含有量が少ないため正確には超低用量ピルと呼ばれています。第4世代という一番新しい世代のピルで、バイエル社から販売されています。

低用量ピルは女性自身で生理や妊娠をコントロールできる薬です。高い避妊効果があり、正しく服用した場合の避妊率はほぼ100%です。

低用量ピルを服用して女性ホルモンを体内に取り入れることで、脳下垂体から「女性ホルモンがたくさん分泌されている=妊娠状態」と認識され、卵胞の発育・排卵・子宮内膜の増殖が抑制されます。子宮内膜は受精卵のベッドであるため増殖して厚くなることで受精卵が着床しやすくなる作用がありますが、子宮内膜の増殖が抑制されると着床しにくくなり妊娠が成立しにくくなります。

また、黄体ホルモンの作用によって子宮頸管粘液の粘度が高まり精子が通りにくい状態にもなります。低用量ピルは、「排卵を抑制する」、「子宮内膜の増殖を抑制する」、「精子を通りにくくする」という、3段階の作用によって高い避妊効果を発揮します。尚、服用を中止すると脳下垂体は再び卵巣を刺激して排卵を促すようになります。

低用量ピルは排卵を抑制することで卵巣や子宮を休ませてホルモンバランスを一定に安定させる効果があるため、避妊以外にも月経困難症、PMS(月経前困難症)、子宮内膜症更年期障害、難治性ニキビなど多くの治療に対して有効です。

ヤスミンは第三世代までの従来の低用量ピルに多く発現する食欲増進、体重増加、むくみ、肌荒れなどの副作用が起こりにくくなっています。ヤスミンに配合されている黄体ホルモンのドロスピレノンは新しい黄体ホルモン製剤であり、利尿作用を有しているためむくみにくくむしろむくみを取る効果が期待できます。また、天然の黄体ホルモンに非常に似ているためより自然に作用します。更に、肌荒れの原因であるアンドロゲン(男性化)作用を起こしにくいため肌荒れを予防できます。

ヤスミンは1錠に含まれるホルモン量が1周期を通じて全て同じであるため飲み間違いの心配がなく簡単に服用できます。

日本ではヤスミンと同成分・含有量はやや異なる「ヤーズ配合錠」が流通しています。( 有効成分エチニルエストラジオールの配合量がヤスミンより0.01mg少ないです。)

月経困難症の治療目的で処方される場合のみ保険適応となり自己負担は3割になります。(避妊など月経困難症以外では全額自己負担となります。)尚、ヤーズは1周期の中で24日の服薬・4日間の休薬となります。

ヤスミンの薬価は1錠245.7円なので、1シート24錠で薬代は5,897円になります。 ここに診察料・処方料・調剤料などの受診費用が加算されると総額ではおよそ11,000~12,000円前後になるかと思われますが、保険が効いた場合はおよそ3,300~3,600円になります。

ただし、内診や血液検査など何らかの処置を受けた場合は更に1,000~数千円追加されることを留意してください。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

ヤスミン(ヤーズ)

「フェミロン(マーベロンジェネリック)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

フェミロン(マーベロンジェネリック)

低用量ピルは女性自身で生理と妊娠をコントロールできる経口避妊薬です。少量の女性ホルモン(卵胞ホルモンのエストロゲン・黄体ホルモンのプロゲステロン)を含有しており、排卵抑制作用・子宮内膜の増殖抑制作用・粘液変化による精子侵入阻害作用で正しく服用していればほぼ100%の確率で妊娠を回避します。
また、服用することで卵巣・子宮を休めホルモンバランスを整えます。

フェミロンは第3世代という比較的新しい世代の低用量ピルで、従来の低用量ピルに比べると効果を維持したままホルモン量が少なく設計されているため副作用が少ないことが特徴です。また、従来の低用量ピルと違い21錠全てが同一の成分量であるため服用の順番などなく簡単に服用できます。

フェミロンは大人気の低用量ピル「マーベロン」のジェネリック医薬品であり、先発品のマーベロンと同等の成分・効果でありながらお安く購入できます。

体内でフェミロンの有効成分によって少量のエストロゲンプロゲステロンが補充されると脳が妊娠状態であると認識し、卵胞の発育・排卵が抑制されます。排卵しなければ卵子精子と受精することがないため妊娠に至りません。
また、着床の鍵となる子宮内膜の増殖が抑えられることで、もしも排卵が抑えられず受精が起こっても着床せず妊娠が成立しにくい状態になります。
更にフェミロンは子宮頸管粘液の粘度を高めて精子が子宮内に入りにくくする作用も持っています。

フェミロンは排卵を抑制することで卵巣・子宮を休めてホルモンバランスを整える作用があるために月経困難症(生理痛、月経過多など生理中の苦痛)やPMS(生理前の心身の不調)の改善効果があります。子宮内膜の増殖を抑えることから子宮内膜症の予防や進行抑制の治療にも多く使用されます。

更に、ホルモンバランスによる大人ニキビの治療にも有効で、美肌効果があります。
その他、更年期障害骨粗鬆症の予防、卵巣がんや子宮体がんの予防などメリットがたくさんあります。

ただし、長期的な服用で乳がんや子宮頸がんの発症リスクは少し高まる傾向にあるため定期的に検診を受けるなどの注意が必要です。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

フェミロン(マーベロンジェネリック)

「メプレート2.5mg(プロベラ)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

メプレート2.5mg(プロベラ)

メプレートは有効成分である酢酸メドロキシプロゲステロンによって体内の黄体ホルモンを補充することで様々な治療に多く使用されています。メプレートは黄体ホルモン製剤「プロベラ」のジェネリック医薬品であるため、プロベラと同成分・効果でありながら安価でお買い得です。

卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモンの(プロゲステロン)は体内で重要な働きをしている重要な女性ホルモンです。女性の身体では、これら2つのホルモンの増加減少のバランスによって生理・妊娠・出産が行われます。

卵胞ホルモンのエストロゲンは、「正常な生理周期を維持する」、「排卵を起こす」、「女性の生殖器や乳房を発達させる」、「肌や粘膜の潤いやハリ艶を整える作用」、の他、脳・自律神経・循環器・脂質代謝・骨代謝など体内の様々な機能を正常に維持する作用を持っています。

そして、黄体ホルモンのプロゲステロンは生理周期において排卵後の後半(高温期・黄体期と呼ばれる期間)に特に多く分泌される女性ホルモンです。受精卵が着床しやすいように子宮内膜を増殖して厚くする作用(子宮内膜分泌化作用)と妊娠を維持する作用が主な働きです。

黄体ホルモンが不足したり女性ホルモンのバランスが大きく崩れると、生理不順、月経異常、無月経、機能性子宮出血、不妊症、切迫早流産、習慣性早流産などの症状が現れやすくなります。

メプレートは黄体ホルモンを補充する黄体ホルモン製剤ですが、天然の黄体ホルモンに近い自然な作用を発揮することができます。そのため副作用も少なく安全性が高いです。

月経不順や無月経などの月経トラブルの治療においては、一定期間メプレートを継続的に服用して子宮内膜を十分に厚くさせてから服用中止後に出血を起こして生理周期を正常に戻します。

機能性子宮出血の治療においては、厚くなった子宮内膜をそのままの状態を保ち剥がれにくくして出血を抑制します。

黄体機能不全による不妊治療においては、まず受精卵の着床のために排卵日に合わせて服用を開始し、着床しやすいように子宮内膜を厚くします。着床後においても早流産の予防に有効です。子宮内膜を正常な状態にして子宮の緊張を解いて妊娠状態を維持させます。

更年期障害においては、エストロゲンによる女性ホルモン補充療法(HRT)を行う際にエストロゲンによる子宮がん発現のリスクを減らす目的でメプレートを併用するのがHRTの主流になっています。

また、医師の判断によりメプレート高用量を乳癌や子宮癌の治療に使用することがあります。乳癌に対しては他のホルモン療法薬の効果が悪くなった場合などに使用し、子宮癌に対しては再発や転移例においても良い効果を発揮すると言われています。

このようにメプレートは産婦人科領域において様々な絶大な治療効果を発揮します。 女性ホルモンは微々たる量で症状や身体の状態が大きく変わることがあるため必ず医師に指示された用量を守って服用し、自己判断での安易で蔓延的な服用はしないでください。

日本の医療機関でも多く処方されています。ここでは現在国内で主流で処方されている先発品プロベラで検討致します。(最近ではジェネリック医薬品もございます。)

プロベラ2.5mgの薬価は1錠25.1円であるため、100錠だと薬代は2,510円になります。 診察料・処方料・調剤料などの受診費用が加算されると総額ではおよそ7,000~8,000円になりますが、保険適用の3割負担でおよそ2,100~2,400円になります。

ただし、血液検査や内診など何らかの処置を受けた場合は更に1,000~数千円追加されることを留意してください。初診の場合は詳しく診察・検査されることがほとんどです。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

メプレート2.5mg(プロベラ)

「レチノA0.025%」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

レチノA0.025%

このようなお悩みの方に

  • シミ・シワなどの改善したい方
  • ニキビ跡が気になる方
  • 普段から美白を心がけておられる方

 

レチノA0.025%の特徴・効果効能

レチノA(Retino)0.025%は、安心・安価な、ニキビ治療・シミ・美白薬「レチンA」のジェネリック薬です。

レチノA(Retino)0.025%の有効成分トレチノインは、ビタミンA(レチノール)誘導体の一種で、生理活性はビタミンAの50〜100倍もあります。レチノA(Retino)0.025%を塗ることによって、出来てしまったシミを綺麗に再生したり、シワを薄くする効果が期待出来ます。

個人差はありますが、レチノA塗布後、数日以内に皮膚表面の角質の著しい剥離が始まります。これを繰り返すことで、皮膚が徐々に生まれ変わり、ニキビやシミ、シワが改善するとされています。レチノA使用中は肌のバリア機能が低下し、皮膚が紫外線を吸収しやすい状態になるので、塗った後は外出を控えてください。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

レチノA0.025%

「レチノA0.05%」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

レチノA0.05%

レチノAクリームの効果は大きく分けて、4つあります。

1つ目はシワのない肌を取り戻してくれます。
レチノAクリームの主成分であるレチノールというのは、ビタミンAのことを言います。レチノールが皮膚の弾力やハリを保つために必要なコラーゲンに働きかけることで、肌の機能を活性化させ、若々しい肌を作る重要な成分です。

肌にハリや弾力を取り戻してくれるので、年齢を重ねできてしまったシワやたるみが目立たなくなるなどの効果が現れます。

2つ目はシミを消してくれます。
皮膚は、表面部分から表皮→真皮→皮下組織の3層からなっています。さらに、表皮は表面から角質層→顆粒層→有棘層→基底層の4層で構成されています。

基底層の細胞が形を変えながら徐々に表面に押し上げられていき、表面の角質層にまで上がっていきます。角質層まで上がってきた細胞は最終的にアカとなり、自然に剥がれ落ちます。

この肌の生まれ変わりのサイクルをターンオーバーと言い、約30日周期で繰り返されます。

ターンオーバーの周期は生活リズムの乱れや加齢によって簡単に乱れてしまいます。ターンオーバーがうまくいかないと、肌がうまく生まれ変わらず、古い角質が残ったままになってしまうので、シミや黒ずみ、たるみやしわの原因になってしまいます。

この時レチノールの成分がターンオーバーを活性化させ、促進させてくれるのでシミや黒ずみが改善され、綺麗な肌に再生してくれます。

また、ターンオーバーをして新しい角質に生まれ変わると、肌に潤いがもたらされ、その潤いを逃がさずきっちり肌がキャッチしてくれているので、乾燥肌の方にも効果的です。

3つ目はニキビ跡の改善をしてくれます。
肌を活性化する効果のあるレチノールは、ニキビ跡ができてしまった肌の再生効果を高めニキビ跡を改善してくれる効果が期待できます。

4つ目は美白効果です。
レチノールには様々なエイジングケアの効果があるといわれています。その中でも、肌のターンオーバーを短いスパンにしてくれるので、古い角質を取り除き常に新しい肌に入れ替わっているので、若々しい肌を維持してくれます。

効果はレチノクリームを使用し始めて約1週間で現れてきます。

ターンオーバーが活性化されることにより、皮膚の乾燥がなくなり、表面まで押し上げられた角質がアカとして取れるようになり、徐々に効果が実感できるようになります。

※ハイドロキノン、トレチノイン成分は酸化しやすく茶色に変色しやすいため、直射日光・高温多湿を避け、冷蔵庫などの冷暗所で保管してください。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

レチノA0.05%