「ハーソルーション」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

ハーソルーション

 満足のいく理想的な性生活を叶えてくれる、女性のための媚薬サプリメントです。性欲や感度を高め、性欲低下・不感症・オーガズムに達しない・十分濡れずに性交痛があるなどのお悩みを改善して女性としての喜びや魅力を甦らせます。

女性の性生活を充実させる目的に開発された媚薬サプリメントです。

媚薬効果・ホルモンバランスを整える効果・血行促進効果がある厳選された天然成分やビタミンなどが含有されており、感度の向上・性欲促進の効果を発揮します。

  • 不感症
  • 濡れにくく性交痛がある
  • オーガズムに達しない
  • セックスレスを解消したい

上記のような方にハーソルーションは非常にお勧めです。

身体に負担がかかることなく長期的に服用可能で、性生活の改善だけでなく血行促進・アンチエイジング・ストレス緩和などの効果も期待できるサプリメントです。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

ハーソルーション

「アボダート(アボルブ/ ザガーロ)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

アボダート(アボルブ/ ザガーロ)

 日本のAGAクリニックで大人気の脱毛防止薬!アボダートは、日本ではザガーロやアボルブという商品名で病院から処方されているものと同じお薬です。肥大した前立腺を縮小される前立腺肥大症の治療薬としても使用できますが、AGA治療薬として有名なプロペシア(フィナステリド)以上の効能があるお薬として、注目を集めています。

アボダードはGlaxoSmithKline(グラクソ・スミスクライン)社が開発した前立腺肥大症治療薬・男性型脱毛症(AGA)治療薬です。

AGA治療薬として有名なプロペシア(フィナステリド)よりも強力な育毛効果を発揮することができ、注目を集めています。

日本でもアボダートは承認・販売されており、前立腺肥大症治療薬としてはアボルブカプセル0.5mg、AGA治療薬としてはザガーロという名前で販売されています。

AGA治療のために1日1回アボダートを服用すれば、脱毛症の原因である強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の働きを抑制することができ、毛髪を太く・長く・強くしてくれます。

DHTは男性のみに存在している前立腺にも影響を与えているので、前立腺肥大症に伴う排尿トラブルの治療のためにもアボダートは使用することができるというわけです。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

アボダート(アボルブ/ ザガーロ)

「ツゲイン2(ミノキシジル2%)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

ツゲイン2(ミノキシジル2%)

ツゲイン2は、発毛、育毛および脱毛(抜け毛)の進行を予防するリアップシリーズ(海外ではロゲイン)のジェネリックです。

頭皮に直接使用することで、発毛を促し、毛髪を強く、太く、固くしてくれます。

1本60ml入りで、1日2回、1回1ml使用するので30日(約1ヵ月)分です。

1本にミノキシジルとして2%を含有し、日本では未承認ですが、男性の脱毛症だけでなく女性の脱毛症にも使用されています。

ツゲイン2は、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

ツゲイン2もそんな高品質なジェネリックの1つで、安価でありながら先発品に勝るとも劣らない非常に優れた効果を得ることができます。

効果が出るまでには約6ヵ月程度かかるため、まとめ買いもおススメです。

ツゲイン2の有効成分はミノキシジルです。

1本にミノキシジルとして2%を含有しています。

もともとミノキシジルは高血圧症の治療薬として使用されていました。

しかし、頭皮に使用することで脱毛症に効果があることがわかり、それ以降多くの脱毛症治療薬にミノキシジルが使用されるようになっています。

ミノキシジルは頭皮の毛包に直接作用して、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって、発毛効果をあらわします。

それによって、毛髪を長く・太く・強くすることができます。

ミノキシジルの5%製剤は男性の脱毛症にしか使用できませんが、低用量のものは女性脱毛症にも使用することができます。

日本では1%のミノキシジル製剤までしか承認されていませんが、ツゲイン2はミノキシジルを2%含有しており、より強力な効果が期待できるため、日本の女性の方からもツゲイン2は愛用されています。

注意点として、ミノキシジルの発毛効果には即効性がないということです。

使用を開始してから効果が出るまでには早い方でも3ヵ月、多くの方では6ヵ月程度かかってしまいます。

効果が出るまで根気強く使用することが強力な効果が得られる秘訣なので、気長にツゲイン2の使用を続けるようにしてください。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

ツゲイン2(ミノキシジル2%)

「ツゲイン5」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

ツゲイン5

ツゲイン5は、日本では大正製薬によって販売されているリアップシリーズのジェネリック医薬品です。

インドの有名なジェネリックメーカーであるシプラ社によって製造・販売されています。

シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

ツゲイン5もそんな高品質なジェネリックの1つで、頭皮に直接使用することで、発毛を促し、毛髪を強く、太く、固くしてくれます

ツゲイン5の有効成分はミノキシジルです。

1ml中にミノキシジルとして5%含有しています。

ミノキシジルは、以前は高血圧治療薬として使用されていました。

しかし、副作用として発毛を促す作用があることがわかり、現在はこちらの作用をメインに使用されています。

日本皮膚科学会ガイドラインでも、ミノキシジルの使用は脱毛症の治療において推奨度Aとされており、第一選択薬です。

ミノキシジルの血管拡張作用によって血流を上昇させるので、毛髪を産生する細胞が活性化されるからではないかと考えられています。

注意点として、発毛効果を感じるにはツゲイン5を継続して使用する必要があります。

発毛効果は早い方でも3ヵ月程度、普通の方は6ヵ月程度は継続しないと感じることができません。

また、せっかく効果があらわれて髪がフサフサになっても、発毛効果を維持するためにはツゲイン5の使用を継続する必要があります。

使用を中断してしまうと効果は失われてしまうため、ツゲイン5の使用を継続するようにしてください。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

ツゲイン5

「エリアス5mg(デスロラタジン)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

エリアス5mg(デスロラタジン)

エリアスは近年登場した新しい抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)です。

国内の医療機関でも多く使用されている有名な抗アレルギー薬「クラリチン」を改良して開発されました。

クラリチンよりも即効性が上がり、安定性が高まったことでクラリチンだと体内の代謝過程において効果の発現に大きな個人差があったのが著しく解消されました。

尚、日本では「デザレックス」という商品名で販売されています。

エリアスは花粉症・ダニ・ハウスダストなどのアレルゲン(アレルギーを引き起こす原因物質)による季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)、通年性アレルギー性鼻炎、蕁麻疹や湿疹、皮膚炎といった多くのアレルギー性疾患の治療に有効です。

アレルギーに関わる体内物質ヒスタミンを抑制することで強力な抗アレルギー作用を発揮します。

効果の持続性に優れていることもエリアスの特徴で、血中半減期(薬の血中濃度がピークの半分になるまでの時間)は19.5時間にもなります。

特にくしゃみや鼻水の症状に対して効果が高いと言われていますが、アレルギーによる症状全般を素早く改善してくれます。

アレルギー反応にはヒスタミンという体内物質が深く関与しています。

アレルギーの原因となる異物(アレルゲン)が体内に侵入すると、過剰に防御反応(異物を排除しようとする体内の防御システム)が働いてしまいアレルギー反応が始まります。

そうなると肥満細胞という免疫系細胞から、ヒスタミンなどアレルギーに関する多くの化学伝達物質が放出されます。

放出されたヒスタミンは体内の至る所に存在するH1受容体に結合することで作用し、アレルギー症状を発現させます。

エリアスの有効成分デスロラタジンはこのH1受容体を遮断することでヒスタミンを抑制し、アレルギー反応を抑制します。

また、ヒスタミンだけではなくロイコトリエンなど他の化学伝達物質の遊離も抑制することでも抗アレルギー作用を発揮します。

ヒスタミンを抑制することから、このように作用する抗アレルギー薬は薬学的には「抗ヒスタミン薬」と呼ばれています。

ヒスタミン薬には古くからある「第一世代」と近年登場した「第二世代」に大きく分類されますが、エリアスは第二世代の中でも新しい抗ヒスタミン薬です。

同系統の抗ヒスタミン薬には、アレグラ(有効成分フェキソフェナジン)・ジルテック(有効成分セチリジン)・クラリチン(有効成分ロラタジン)などが挙げられます。

第一世代に比べると、効果はそのままで眠気や口渇などの副作用が軽減されていることが特徴です。

ただし、エリアスなどの抗ヒスタミン薬はアレルギーによる諸症状を改善する対症療法薬であり、アレルギーそのものを治す薬ではありません。

アレルギーそのものを根治したい場合には医療機関でのアレルゲン免疫療法が該当するので、医師に相談してください。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

エリアス5mg(デスロラタジン)

「ゼニカル」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

ゼニカル

ゼニカルは、肥満症治療薬です。

服用することで食事中の脂肪分が体内に吸収されるのを抑制し、便とともに体内から排出します。

スイスのバーゼルに本拠地を構える世界的な製薬・ヘルスケア企業であるRoche(ロシュ)社によって製造・販売されています。

ロシュ社は1896年に設立された歴史の古い会社です。

フリッツ・ホフマン・ラ・ロシュによって創業され、ビタミン剤の生産でその基盤を築きました。

その後、抗不安薬や抗菌薬、抗がん剤の開発により飛躍的な成長を遂げ、世界的な製薬企業に上り詰めました。

現在では、高品質なお薬を世界中の拠点を介して多くの医療機関に届け、数多くの病気に悩む患者にロシュ社のお薬が使用されています。

ゼニカルも、そんなロシュ社の高品質なお薬の1つです。

服用することにより、食事から摂取した脂肪の約30%をカットすることができ、過剰なカロリーの摂取を防ぐことができます。

それによってダイエットの効果を飛躍的に高めることができます。

その優れた効果より、ゼニカルジェネリック医薬品もたくさんの製薬企業によって製造されているほどです。

毎日ゼニカルを服用してもダイエット効果がありますが、突然の飲み会や食事会などで脂肪分の多い食事を摂るときだけ服用することで脂肪分を気にしないで食事ができるというメリットもあります。

注意点として、ゼニカルの服用は脂肪のみならず必要な栄養素の吸収も阻害してしまう可能性があります。

ビタミンA、D、E、Kは脂溶性ビタミンといわれ脂肪などに溶けて体内に吸収されます。

脂溶性ビタミンが不足してしまわないようにマルチビタミンサプリなどで追加で補充することが推奨されています

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

「ダイアン35」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

ダイアン35

体内で分泌される女性ホルモンは女性機能の発達、妊娠・出産、身体機能など多くの機能に大きく関わる非常に重要なホルモンです。女性ホルモンには卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」の2種類がありますが、これらのホルモンの増加・減少のバランスから生理周期のリズムや妊娠出産が成立しています。

低用量ピルは少量のエストロゲンプロゲステロンを含有する女性ホルモン製剤です。ごく少量の女性ホルモンを補充することで女性自身で生理や妊娠をコントロールすることができます。正しく服用した場合の避妊率はほぼ100%です。

低用量ピルは3つの作用によって避妊効果を発揮します。

1つ目は排卵抑制作用です。低用量ピルによって脳下垂体が「女性ホルモンが十分に分泌されている=妊娠時の状態」と認識するために排卵が起こらなくなります。

2つ目は子宮内膜の増殖を抑えて受精卵を着床しにくくする作用です。子宮内膜が増殖せず薄いままだと着床しにくい=妊娠が成立しにくくなります。

3つ目は、黄体ホルモンの作用によって子宮頚管(子宮の入り口)の粘液を変化させて精子の子宮への侵入を防ぐ作用です。

このように3段階において妊娠を回避する作用があるため、低用量ピルは非常に高い避妊効果を発揮するのです。尚、服用を中止すればじきに排卵は再開します。

低用量ピルは排卵を抑制することで卵巣や子宮を休ませてホルモンバランスを正しく整えるため、避妊目的以外にも月経困難症、PMS月経前症候群)、子宮内膜症不妊症、更年期障害、難治性の大人ニキビなど多くの治療に対して有効です。

ダイアン35は有効成分として酢酸シプロテロン(黄体ホルモン)とエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)を含有する新しい低用量ピルです。副作用が少なく、日本では未認可ですが用量的に体格が比較的小さめのアジア人向けだと言われています。

また、有効成分の酢酸シプロテロンは従来の低用量ピルの黄体ホルモン製剤と違って男性ホルモンを抑制するという特徴的な作用があります。そのため男性ホルモンの優位が原因で発生する大人ニキビに対して従来のピルよりも著しい改善効果があり、海外ではニキビ治療目的でダイアン35は特に多く使用されます。

男性ホルモン抑制作用からダイアン35は男性型の多毛症や抜け毛に対しても改善効果が期待でき、更に巷では女性化希望の男性でもダイアン35を愛用している方が多いと言われています。(男性が服用する前提で作られていないので、決して自己判断で安易に服用しないでください。)

ダイアン35は日本では未認可の低用量ピルであるため流通していません。
インターネットで検索してみるとごく僅かのクリニックで取り扱っているようですが、基本的には国内の医療機関では手に入らないと思っておいたほうがいいでしょう。

ダイアン35をはじめ低用量ピルの価格相場は約2,000~3,000円です。ここに診察料・処方料・調剤料など諸々の受診費用が加算されると総額ではおよそ6,000~7,000円前後になるかと思われます。
尚、自費診療(保険が効かず、全額自己負担)となります。
また、内診や血液検査など何らかの処置を受けた場合は更に1,000~数千円追加されます。

ダイアン35など低用量ピルを服用すると、頭痛、むかつき、吐き気、下腹部痛、動悸、めまい、乳房の張り・痛み、不正出血、眠気、倦怠感など妊娠時のつわりのような症状が起こることがあります。特に頭痛や吐き気が比較的起こりやすい症状です。

これらは身体のホルモンバランスが妊娠状態に近付くように大きく変化することで起こるものなので、経度であればさほど心配いりません。継続していると身体が慣れて症状は消失します。

その他体重増加や肌荒れといった症状も起こることがありますが、こちらもほとんどは一時的なものです。

滅多に起こりませんが、低用量ピルの重大な副作用として「血栓症」が挙げられます。

血栓症は血管内にできた血栓によって血液が詰まる疾患ですが、部位によっては心筋梗塞など命に関わるので危険です。息切れ、胸痛、痺れ、激しい腹痛・頭痛、舌のもつれ、視力障害、失神などといった症状が重い血栓症の主な初期症状です。服用後に何らかの明らかな身体の異常があれば、服用を中止してすぐ受診してください。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

ダイアン35