「ペンタサ坐剤1g(メサラジン)」効果・用法・副作用・口コミ

 

ペンタサ坐剤1g(メサラジン)

■おくすり概要

 

ペンタサ坐剤1gは、潰瘍性大腸炎の治療薬です。

坐剤タイプで、直接肛門に挿入することで有効成分がダイレクトに患部に届き、強力な治療効果を得ることができます。

ペンタサ坐剤1gはFerring Pharmaceuticals(フェリング・ファーマ)社によって製造・販売されています。

フェリング・ファーマ社はスイスに本社を有するグローバルな製薬企業であり、1950年に設立されてから現在では6大陸50ヵ国以上に子会社を有しています。

数多くの優れた医薬品を製造・開発しており、ペンタサ坐剤1gもそんな優れたお薬の1つです。

世界100ヵ国以上の国や地域で承認されており、潰瘍性大腸炎に苦しめられている患者の治療のために多くの医療機関で処方されています。

1日1個ペンタサ坐剤1gを肛門に挿入することで大腸の炎症を強力に鎮めることができ、それによって引きこされる下痢や腹痛などの諸症状を解消してくれます。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

ペンタサ坐剤1g(メサラジン)