「ピアスクレディン300mg」効果・用法・副作用・口コミ

 

ピアスクレディン300mg

■おくすり概要

 

有効成分として、1カプセルにアボカド-ダイズ不けん化物(Avocado Soybean Unsaponifiable:ASU)として300mgを含有しています。

有効成分に含まれているアボカドとは、クスノキ科ワニナシ属の常緑高木の果実のことです。

食用されている果肉には脂肪分を多く含み、ヒトにとって健康的な効果がある不飽和脂肪酸を大量に含有しています。

豊富な脂肪分を含むため、「森のバター」といわれ親しまれています。

アボガドは、関節の痛みを抑える効果があるといわれ最近注目を集めてきました。
日本のテレビ番組、朝日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」でも、アボカドは摂取することで膝の軟骨を保護、軟骨を壊す酵素の生成を防止する作用があるとして取り上げられました。

そのテレビ番組では、ピアスクレディン300もアボカドの成分を効率的に摂取して膝の痛みに効果があるとして一緒に紹介されています。

有効成分のアボカド-ダイズ不けん化物は、関節痛に対して優れた鎮痛効果があるとして多くの研究結果が報告されています。

研究の結果では、6か月継続して服用することで80%以上の方で関節痛に対して有効性が認められたといわれています。

効果の強さは、関節の痛み治療で有名なコンドロイチンを1日3回摂取するのと同様の効果をあらわしたと報告されています。

痛みを抑える効果が強いにもかかわらず、有効成分がアボカドとダイズ由来であるため安全性が非常に高く、痛みを抑える作用の持ち越し効果もあることがわかっています。

ピアスクレディン300が治療効果をあらわす変形性関節症とは、骨と骨の間にあって、クッションの役割や関節の滑らかな動きをサポートする軟骨がすり減ることで起こる疾患です。

軟骨がすり減ることで、骨と骨が強い摩擦を生じるようになります。

これによって関節の内側に炎症を起こしたり、関節液などの水分が溜まり強い痛みや腫れなどの症状を起こします。

変形性関節症は全身のあらゆる関節で起こりえます。

その中でも、とくに症状を起こしやすく日常生活に支障をきたす関節が、身体の体重を支えている膝や股関節です。

加齢や肥満によって変形性関節症は悪化していき軟骨はどんどんすり減ってしまいますが、現代の医学ではすり減ってしまった軟骨や骨を完全に治癒することができません。

そのため、「関節の痛みは歳によるものでどうせ良くならない」「少し痛むけど我慢できないほどではない」と放置せず、早めの段階で処置をすることが、その後の良好な暮らしにつながります。

少しでも気になる関節の痛みや腫れがあるのでしたら、ピアスクレディン300の服用を開始するのがお勧めです。

また、必要であれば痛み止めの貼り薬や塗り薬、ステロイドの抗炎症薬と併用するとより強力な効果を得ることができるでしょう

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

ピアスクレディン300mg