「インデラルジェネリック160mg」効果・用法・副作用・口コミ

 

インデラルジェネリック160mg

■おくすり概要

 

インデラルジェネリック160mgは、アストラゼネカ社によって開発されたインデラル錠のジェネリック医薬品です。

服用することで高血圧・狭心症・偏頭痛の予防・不整脈などに効果をあらわすだけでなく、緊張やあがり症などの不安な気持ちを和らげることができます。

インデラルジェネリック160mgは、英国で主に活動しているジェネリックメーカーであるTillomed Laboratoriesによって製造・販売されています。

Tillomed Laboratoriesは1991年に設立され、様々な優れたジェネリック医薬品を開発しています。

インデラルジェネリック160mgもそんなTillomed Laboratoriesの製造するジェネリック医薬品であり、先発品のインデラルに勝るとも劣らない強力な効果があり、人気のお薬です。

日本で販売されている10mgの先発品の16倍である160mgも有効成分を含有し、さらに剤型も体内で優れた効果が得られるように持続放出カプセルとなっています。

持続放出カプセルは1回服用すれば長時間有効成分を放出することができるため、長時間治療効果を得ることができたり、服用回数を減らしたりすることで飲み忘れ防止などのメリットがあります。

そのため、緊張するような発表会やスピーチがあるときにインデラルジェネリック160mgをあらかじめ服用しておくことができるので、人気のお薬となっています。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

インデラルジェネリック160mg