「ピジョン(塩酸ピオグリタゾン)30mg」効果・用法・副作用・口コミ

 

ピジョン(塩酸ピオグリタゾン)30mg

■おくすり概要

 

血糖をコントロールする働きを持つインスリンというホルモンの分泌量が減少したり働きが悪くなると血糖値が上昇し、常に正常範囲を超えた状態が2型糖尿病です。

2型糖尿病生活習慣病のひとつであり、治療せず放置すると、手足の痺れ(神経障害)や壊疽、眼疾患(網膜症)、腎臓病(糖尿病性腎症)などの多岐に渡る重大な合併症を誘発する恐ろしい疾患です。
血糖値を適切にコントロールすることは、将来起こり得る命に関わる疾患や延命に繋がります。

ピジョンの有効成分ピオグリタゾンの主な作用は、「インスリン抵抗性改善作用」です。
筋肉・脂肪組織などの末梢器官に血糖を取り込みやすくします。

こういった組織に取り込まれた糖分は身体活動をするためのエネルギー源として利用されるため、血糖が下がりやすくなります。
この作用は、有効成分ピオグリタゾンがPPARɤという受容体を刺激してホルモンの一種であるアディポネクチンを増加させるとともに、インスリンの感受性を悪くさせるTNF-αという物質の働きを抑えるためだと言われています。

また、「肝臓での糖新生抑制作用」もピオグリタゾンの作用のひとつです。
肝臓には糖分が「グリコーゲン」という糖の前駆体の状態で貯蔵されています。

有効成分ピオグリタゾンはこのグリコーゲンが糖になって血中に送られるのを抑制し、血中の血糖値を下げます。 
更に、「脂質減少作用」もあります。

有効成分ピオグリタゾンはPPARɤを活性化させることにより血糖値を下げると先述しましたが、PPARɤを活性化するとアディポネクチンが増えることで脂質が下がる作用があるため、結果的にコレステロール中性脂肪などの脂質が低下します。
そのため有効成分ピオグリタゾンは血糖を下げるだけでなく、コレステロール値や中性脂肪値の低下、それに伴います動脈硬化の進行を抑制する効果が期待できます。

有効成分ピオグリタゾンにインスリン自体を増やす作用はないため、主にインスリン分泌能が低下しているタイプの糖尿病の方にはあまり効果が期待できないことがデメリットです。

ピジョンは単独で使用する他、作用の異なる糖尿病治療薬と併用する機会も多いです。
尚、ピジョン単独での使用時は低血糖は起こりにくいです。

ただし、特に女性では有効成分ピオグリタゾン特有の副作用である浮腫(むくみ)が起こりやすいため注意が必要です。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

ピジョン(塩酸ピオグリタゾン)30mg