「グリコメット(塩酸メトホルミン)500mg」効果・用法・副作用・口コミ

 

グリコメット(塩酸メトホルミン)500mg

■おくすり概要

 

グリコメットは「ビグアナイド(BG)剤」と呼ばれる2型糖尿病治療薬であり、主に3つの作用によって血糖を下げます。

一つめは肝臓での糖新生抑制作用です。インスリンに対する身体の感受性を高め、肝臓での糖分の生成を抑えます。
二つ目は末梢での糖利用促進作用です。筋肉や脂肪組織など末梢の部位で糖分が利用消費されるのを促進します。
三つ目は腸管からの糖吸収抑制作用です。小腸で糖分が体内へと吸収されるのを抑制します。

グリコメットの有効成分メトホルミンに膵臓でのインスリン分泌を促進する作用はありませんが、上記に記載したような幅広い作用(膵外作用)を持っていることが特徴です。
また、体重増加しにくいことから肥満型の2型糖尿病に特に適しています。

ただし、BG剤特有の重い副作用である「乳酸アシドーシス」に注意が必要です。
滅多には起こりませんが、乳酸アシドーシスは血液中に乳酸が溜まり血液が酸性になって消化器症状、筋肉痛、倦怠感、呼吸困難などの症状が現れる命に関わる病態です。

肝臓で乳酸やアミノ酸からの糖新生を抑制することで血糖を下げるため、体内で乳酸が蓄積されてしまう傾向になります。
通常であれば乳酸が溜まると肝臓で代謝されますが、肝機能低下などで乳酸の代謝が追いつかないと乳酸アシドーシスが起こる恐れがあります。

グリコメットの有効成分メトホルミンはBG剤の中では比較的そういった副作用が少なく安全性が高いため、世界的に非常に多く使用されています。
単独投与では薬の効きすぎによる低血糖症状でさえも起こりにくいです。

その安全性の高さと海外における有効成分メトホルミンの治療実績をふまえ、近年では日本でも高用量の投与が認められました。

まだ研究途中ですが、有効成分メトホルミンは心血管疾患の発症リスクを減らす・癌を抑制する・死亡リスクを減らして延

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

グリコメット(塩酸メトホルミン)500mg