「MSMパウダー」効果・用法・副作用・口コミ

 

MSMパウダー

■おくすり概要

 

MSMパウダーは、アメリカの有名なサプリメントメーカーであるNow foods社から製造・販売されています。水やジュースなど飲み物に混ぜて簡単に摂取できるパウダータイプです。1日1~2回ティースプーン1/2杯分を飲み物に溶かして摂取することで、加齢による関節などの「ふしぶし」の痛みや違和感の悩みを解決する効果が期待できます。

「ふしぶし」の違和感は、40歳ぐらいの中年以降に増加するといわれています。加齢による新陳代謝の低下や、女性、肥満の人、O脚の人、若い頃にスポーツを続けていた人は関節の違和感を感じやすいといわれています。アメリカやヨーロッパではこのような悩みに対し、「ふしぶし」効果のある栄養素を積極的に補充して対策しています。 その代表がMSMパウダーなのです。

MSMパウダーは、歩き始めがつらい、階段はのぼるよりもおりる方がつらい、正座ができない、朝に起き上がるのがつらいなど症状がある方におススメの商品です。有効成分MSMはアメリカで開発された注目の新成分です。天然に存在する有機硫黄化合物であり、牛乳・野菜・果物など多くの食品中にわずかですが存在しています。硫黄は体内ではカルシウム、リン、カリウムに次いで4番目に多いミネラルで、骨や軟骨などの結合組織や体内の様々な生体反応に必要な成分です。

とくに髪や爪、皮膚、関節の軟骨などに多く含まれていることがわかっています。MSMはその化学構造に硫黄を約34%含有し、摂取することで体内で必要な組織に硫黄を供給しています。体内に存在している硫黄の85%はMSMによって供給された硫黄であるといわれています。MSMは、アメリカでは関節障害、腰痛、肩背痛、筋肉痛に悩む方のために使用されています。

具体的には、関節の痛みと炎症の緩和、美容(髪・爪・肌)、解毒・抗アレルギー作用(花粉症やアトピー)の問題解消のために使用されています。日本でも健康食品として認可されており、現在では多くのメーカーから製造・販売されています。とくに関節痛の緩和は、従来の関節緩和商品では効果のみられなかった炎症性の関節炎(リウマチなど)の痛みや炎症の緩和にも効果があるといわれています。

関節の痛みを主訴とする変形性関節症患者にMSMを投与し、痛みに対する緩和作用について判定した結果、MSMを摂取したグループでは4週間で60%、6週間で82%の症状が改善されたと報告されています。花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎でもMSMは使用されており、季節性アレルギー性鼻炎患者にMSMを30日間投与した結果、1週間程度でその症状が改善されたとの報告がされています。

MSMの作用メカニズムは正確には解明されていません。しかし、炎症やアレルギー性鼻炎の症状緩和作用の解明のため、炎症症状の時に上昇する検査値のC反応性タンパク質(CRP)を測定した結果、MSMの摂取後に68.1%の人がCRPが減少したと報告がされています。この効果が、MSMの痛みやアレルギー性鼻炎の改善に関与すると考えられています。

MSMパウダーは、小麦、グルテン、大豆、トウモロコシ、牛乳、卵、魚、甲殻類、木の実を原料にして製造はされていません。しかし、これらのアレルゲンを含む成分を処理する施設で生産されているため、これらの成分にアレルギーのある方は注意してください。

このMSMパウダーは、まれに色の変化が起こることがありますが品質に問題はないので安心して使用することができます。また、関節などの「ふしぶし」の悩みを抱えている方はMSMパウダーの摂取だけでなく生活習慣も改善することが推奨されています。適正体重よりも体重が重い方はダイエットをする、筋肉の衰えを予防するために適度に運動する、バランスの良い食事を心掛けるようにしてください。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

MSMパウダー