「オベスチン膣クリーム(エストリオール)」効果・用法・副作用・口コミ

 

オベスチン膣クリーム(エストリオール)

■おくすり概要

 

オベスチンは、エストロゲン欠乏による下部尿路萎縮、性交疼痛、膣の渇きやかゆみに治療を効果を発揮する、天然女性ホルモンのエストリオール配合の治療クリームです。有効成分エストリオールは、他のエストロゲンとは異なり、子宮内膜細胞に短時間滞留する、短期作用型ホルモンです。エストリオールは特に尿生殖器の治療に効果があり、下部尿路萎縮の場合は尿生殖器の上皮細胞を正常化し、膣内の生理的PH(水素指数)を正常に戻す働きをします。また、頻尿や中等度の尿失禁など排尿障害の改善、膣や下部尿路の感染症の予防以外にも、閉経後女性の膣手術前後の治療や、子宮頚がん検査の診断補助薬としても使用されています。

エストロゲンの分泌量は、特に卵巣の老化が始まる35歳頃から特に減少し始めます。エストロゲンが少なくなると、自律神経系が不安定になり、月経周期不順、ほてり、発汗、動悸、頭痛、不眠、高血圧、頻尿、耳鳴、食欲不振、吐き気、便秘、下痢などの更年期症状があらわれます。更年期の症状のひとつが生殖器の変化で、膣が萎縮したり粘膜が薄くなって乾燥したりするため、かゆみや出血、性交疼痛や膣炎を起こしやすくなります。不足したエストロゲンを補うことで、これらの症状を緩和できます。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

オベスチン膣クリーム(エストリオール)