「アイチュミューン100mg(アトピー性皮膚炎)」効果・用法・副作用・口コミ

 

アイチュミューン100mg(アトピー性皮膚炎)

■おくすり概要

 

アイチュミューン100㎎は、日本の動物病院で「アトピカ100㎎」という名前で処方される免疫抑制剤ジェネリック薬です。アトピカ100㎎は日本でアトピー性皮膚炎の治療薬として2005年に認可の降りた薬であり、アイチュミューン100㎎も同様の効果が期待できます。

アトピー性皮膚炎は、環境中に存在する物質(アレルゲン)に対して免疫が過剰に反応してしまい、皮膚に炎症を起こす病気です。3歳未満の若いうちから発症する病気で、皮膚のかゆみや脱毛などを起こす犬で一般的な病気です。完治させることは難しく、多くのケースでは一生投薬治療が必要になることが多いです。

犬のアトピー性皮膚炎は、免疫機能を持つ細胞である白血球の中でも「ヘルパーT細胞」の活動が強くなりすぎてしまうことで起こると言われています。シクロスポリンは、そのヘルパーT細胞の機能を抑え、インターロイキン2などの炎症反応を起こす物質の放出を抑制します。その結果、体の中の炎症反応が治まり、皮膚のかゆみや炎症などのアトピー性皮膚炎の症状が軽減します。

アイチュミューンと同じシクロスポリンを含むアトピカは「難治性のアトピー性皮膚炎における症状の緩和」を効能効果として日本で認可が下りています。シクロスポリンはアトピー性皮膚炎だけではなく、免疫の暴走によって起こる様々な病気に効果があると考えられています。動物病院では、免疫介在性皮膚疾患、免疫介在性溶血性貧血、炎症性腸疾患(IBD)、乾性角結膜炎(KCS=ドライアイ)など多くの免疫介在性疾患に使われることがあります。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

アイチュミューン100mg(アトピー性皮膚炎)