「ゾビラックス400mg」効果・用法・副作用・口コミ

 

ゾビラックス400mg

■おくすり概要

 

ゾビラックス400mgの有効成分はアシクロビル400mgで、古くからある抗ヘルペスウイルス薬です。ヘルペスウイルスの増殖を抑制することでヘルペスウイルス感染症の症状を改善、根治します。

ヘルペスウイルスにはいくつかの種類があります。口唇ヘルペスは「単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)」によって、性器ヘルペスは「単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)」によって、帯状疱疹水疱瘡(みずぼうそう)は「水痘・帯状疱疹ウイルス」によって発症します。他にも種類があり、それぞれ引き起こす疾患が異なりますが、主なヘルペスウイルス感染症は上記のものになります。

口唇ヘルペス・性器ヘルペスなどの単純疱疹は患部周囲に水ぶくれや発赤がぽつぽつと現れるのが特徴で、帯状疱疹は身体の知覚神経の部分に発症して身体の片側の神経に沿って帯状に大量の水ぶくれや発赤を生じて神経痛を伴うことが特徴です。 口唇ヘルペスや性器ヘルペス接触することで他の人にうつる恐れもあるので注意が必要です。特に性器ヘルペスは性行為による感染があるため、性感染症としても認知されています。口唇ヘルペスから性行為によって性器ヘルペスにかかることもあります。また、再発もしやすく年に何回もかかる体質の方もいます。

ヘルペスウイルス自体はとても身近にあるウイルスであり、大半の方が感染しています。感染していても健康な状態においては症状は発現しませんが、疾患・疲労・ストレスなど何らかの要因で身体の免疫力が低下していると、体内のヘルペスウイルスが異常増殖し、ヘルペスウイルス感染症による症状を引き起こします。 帯状疱疹は昔感染して体内に潜んでいた水痘・帯状疱疹ウイルスが単純疱疹と同様に身体が弱まっている時に増殖して発症します。

ヘルペスウイルスは自身のDNAを複製することで増殖をしますが、ゾビラックスはウイルスのDNA複製に必要なDNAポリメラーゼという酵素を阻害してウイルスDNA鎖の伸長を停止し、ウイルスDNAの複製を阻害します。 ヘルペスウイルスに感染した細胞内で効果を発揮するため、正常な細胞には影響しないので安全性は高いです。

性器・口唇ヘルペスなどの単純疱疹に対しては一般的には5日間の服用で症状を改善・治癒します。症状の重い初感染の場合や再発性のヘルペスの場合では完治までに1~2週間かかることもありますが、多くは1週間以内で治療が終了します。 帯状疱疹に対しては7日間の服用で治癒、また後遺症(帯状疱疹後神経痛)を防ぎます。 尚、ゾビラックスジェネリックの効果が目に見えて発揮されるのは服用開始からおよそ2~3日です。

ヘルペスウイルス感染症の治療で非常に重要なのが、ゾビラックスをできるだけ早期に服用開始することです。 発症してからの早期の段階(~72時間以内)で服用することによって改善・治癒を早めます。 また、再発性のヘルペスにおいては早期の服用によって発症を予防することができます。 ヘルペスの再発を何度も繰り返す方は発症直前に患部の疼きや違和感など前兆を感じることが多くありますが、前兆の時点でゾビラックスの服用を開始することを推奨します。

ゾビラックスは現在主流で使用されているバラシクロビル(商品名バルトレックス)よりも安いというメリットはありますが、吸収効率が悪いために1日に5回の服用が必要というデメリットがあります。( バラシクロビルは1日2回の服用です。)疾患に対する効果や効能に違いはありません。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

ゾビラックス400mg