「テルビナフィン250mg(ラミシール)」効果・用法・副作用・口コミ

 

テルビナフィン250mg(ラミシール)

■おくすり概要

 

真菌はカビの仲間であり、真菌の感染による真菌症は、身体の表面に感染する表在性真菌症と、肺や肝臓などの臓器すなわち身体の深部に感染する深在性真菌症とがあります。
よく見られる代表的な真菌症は白癬菌による足白癬(水虫)、爪白癬(爪水虫)、頭部浅在性白癬(シラクモ)、体部白癬(タムシ)、股部白癬(インキンタムシ)などやカンジダ菌によるカンジダ症などがあります。

テルビナフィンは内服タイプの真菌症治療薬です。主に抗真菌外用薬で改善が見られなかった足白癬(水虫)などの皮膚真菌症や爪白癬(爪水虫)の治療に使用されます。
飲んで身体の内側からしっかり治します。

テルビナフィンは水虫の飲み薬として広く認知されておりますが、強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルが特徴であるため、白癬菌カンジダ菌をはじめとする数多くの真菌に対して有効です。

本剤は「ラミシール」のジェネリック医薬品であり、ラミシールと同成分・効果でありながら安価でお買い得です

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

テルビナフィン250mg(ラミシール)