「ダイトール10mg(ルプラックジェネリック)」効果・用法・副作用・口コミ

 

ダイトール10mg(ルプラックジェネリック)

■おくすり概要

 ダイトールは、尿排泄を促進することで、心臓・腎臓・肝臓の機能低下によるむくみ(浮腫)や、高血圧の治療に効果を発揮します。むくみの治療には利尿剤が使われますが、ダイトールは水分や電解質の強力な排泄作用を持つ、ループ利尿薬に属します。ループ利尿薬は、利尿薬の中ではいちばん作用が強いと言われていますが、カリウムを排泄するため、低カリウム血症(症状:高血圧・疲労・筋力低下・抑うつ・便秘など)の原因となることもあります。しかしダイトールには、カリウム保持性もあるため、他のループ利尿剤と比べると低カリウム血症が起こりにくく、さらに食事の影響を受けない、効果の出現が均等である等の特長を持っています。この強い利尿作用により、海外ではむくみの治療だけではなく、高血圧に対する降圧薬としても使用されています。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

ダイトール10mg(ルプラックジェネリック)