「ハートプロテクトプラス小型犬用」効果・用法・副作用・口コミ

 

ハートプロテクトプラス小型犬用

■おくすり概要

 

ハートプロテクトプラスは1月に1回飲むタイプのフィラリア予防薬で、お肉のような見た目と味をしたチュアブルタイプのお薬です。フィラリア(犬糸状虫)は犬の心臓に棲みつく、そうめんのような外見の寄生虫です。フィラリアに感染した蚊に犬が刺されると、蚊の中にいるフィラリアの幼虫が犬の体内に入り込んでしまいます。犬の体内に入ったフィラリアの幼虫は、成長しながら移動し、心臓や肺動脈の中で成虫となり20cm程度まで発育します。

フィラリアの成虫は、寄生部位である心臓や肺動脈にダメージを与えて、心不全を引き起こします。フィラリアの数が多かったり、長い期間寄生すると、咳や腹水が出ることが多く、最終的には心不全によってなくなってしまいます。フィラリアはたとえ短期間の寄生でも、突然血尿が出て急性心不全によって死亡してしまうこともある怖い病気です。
ハートプロテクトプラスには、フィラリア予防の成分としてイベルメクチンが含まれています。本剤を飲んでイベルメクチンが犬の体に入ると、フィラリアの幼虫を駆除することができます。

フィラリアは犬の体内に入って1~2か月で成虫になると言われていますので、ハートプロテクトプラスを1ヶ月に1回飲ませることで、成虫になる前にフィラリアを駆除することができます。ハートプロテクトプラスには、ピランテルパモ酸塩と呼ばれる成分も含まれており、消化管内線虫(回虫・鉤虫)の駆除も同時に行うことができます。

消化管内線虫もフィラリアと同じく長細い形をした寄生虫ですが、犬鉤虫は2cm以下とかなり小さい虫です。消化管内線虫が寄生していても無症状であるケースも多いですが、犬に下痢や食欲不振を起こしたり、体重が増えず毛艶が悪くなることもあります。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

ハートプロテクトプラス小型犬用