「ハートプロテクトプラス中型犬用」効果・用法・副作用・口コミ

 

ハートプロテクトプラス中型犬用

■おくすり概要

 

ハートプロテクトプラスは、イギリスのBasilという会社から発売されています。ハートガードプラスやカルドメックといった先発医薬品(最初に開発、発売された医薬品)と、全く効果が同じであるジェネリック医薬品後発医薬品)です。
キュービックのような形をしたチュアブルには、イベルメクチンとパモ酸ピランテルという2種類の薬剤が含まれており、中型犬用は12kg~22kgの犬に合わせて最適な用量が調整されています。 

イベルメクチンは、以前に日本人がノーベル賞を受賞するきっかけとなった有名な薬剤で、服用する量によって駆虫できる虫の種類が異なるという点から、非常に便利で安全性が高いと言われています。
ハートプロテクトプラスに含まれているイベルメクチンの用量は、組織内のフィラリアの幼虫(蚊からうつされた幼虫が犬の体に入ってから成虫になるまでに組織内を移動しています)に対して効果を発揮します。 

もう一つの薬剤であるパモ酸ピランテルは、回虫や鉤虫の体を麻痺させてしまう為、腸管にしっかりと食らいついていられなくなった虫体は、殆どの場合に便として排泄されます。
また、稀に嘔吐した吐瀉物に混ざっていることもあります。ですから、飼い主さんは排泄された虫体を目で確認することも可能です。 

毎月1回、このチュアブルを投与し続ければ、確実なフィラリア幼虫駆除が可能であり、フィラリアが成虫になって心臓に至ることはありません。
また、今だに多くの犬が感染しており、常に感染する可能性があると考えられている回虫類や鉤虫類を定期的に駆除することができ、他の犬や人間への感染も防止するというメリットもあります。 

チュアブルはサイズが小さめですから、中型犬の場合でも無理なく食べ切ることが可能で、飼い主さんにとっても投薬が非常に楽な薬剤です。
イギリス産ではありますが、日本語で説明が表記されているので、英語が不安な方でも問題ありません。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

ハートプロテクトプラス中型犬用