「ブッチャーズブルーム100mg」効果・用法・副作用・口コミ

 

ブッチャーズブルーム100mg

■おくすり概要

 

ブッチャーズブルームの日本名はナギイカダと言われており、北西ヨーロッパから地中海の地域を原産として、利尿剤などとして泌尿器系の疾患に以前から使用されていたユリ科の植物です。ブッチャーズブルームにはサポニンの一種であるルスコゲニンやネオルスコゲニンが含まれており、これらの成分が動脈硬化の予防や血液循環の促進・利尿作用などを高める働きを持っています。

ブッチャーズブルームの効果は主に6つあります。

1つ目は、慢性静脈不全を改善する効果です。慢性静脈不全は、静脈の血流が悪くなり、下肢に血液が滞ってしまうことで起こる疾患です。下肢からの血液が上手く循環されないことで、むくんでしまったり・痛くなったり・倦怠感・足のつり(こむらがえり)などの症状があらわれます。ブッチャーズブルームは血液の循環をスムーズにするために、血管を柔らかくし、血行を促進することで、慢性静脈不全で起こる症状が改善されます。

2つ目は、むくみを改善してくれます。ルスコゲニンにはむくみ症状に対して、静脈血管を収縮させ、血液循環を促進し、利尿作用を促進する働きがあります。

3つ目は、皮下脂肪であるセルライトを改善してくれます。細胞内の不純物の排泄を促してくれるため、セルライトを含む不純物が体内に蓄積されることを防ぎます。

4つ目は、痔核を改善してくれます。血流が滞ることで起こる痔核を血流を良くし、痔核を改善する働きがあると言われています。

5つ目に、白血球に働きかけ炎症反応を緩和する働きがあるため、抗炎症作用を持っています。

6つ目は、動脈硬化を予防する働きがあります。動脈硬化は血液内の脂質が酸化し、固まることで血流を妨げますが、この脂質が酸化することを防ぎます。そうすることによって血管の動脈硬化を防ぎ、血流を改善・冷え性の改善の効果が期待できます。ブッチャーズブルームは1粒にこれらの様々な効果を期待ですることができるため、幅広い症状の方にご利用いただけます。また、ドイツではダイエット効果もあるとして、使用されているため、ダイエット中の方にもオススメです。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

ブッチャーズブルーム100mg