「バルトレックス1000mg」効果・用法・副作用・口コミ

 

バルトレックス1000mg

■おくすり概要

 

バルトレックスは有効成分にバラシクロビル塩酸塩を含む抗ウイルス薬の1つで、単純ヘルペスや水疱・帯状疱疹などの治療に使用されています。単純ヘルペス帯状疱疹の原因ウイルスであるヘルペスウイルスが体内に侵入すると、皮膚や粘膜に水膨れ(水疱)や発赤・ピリピリとした痛みなどの症状を引き起こすことが特徴です。

バルトレックスはこれらの症状を引き起こすヘルペスウイルスが体内で増殖しないようにDNAが複製されることを抑制する働きがあるため、ヘルペスウイルスに感染することによって引き起こされる症状の悪化を防いでくれる効果を期待できます。

また、単純ヘルペス帯状疱疹などの治療に以前より使用されていたアシクロビルを主成分とするゾビラックスよりも作用時間が長いため内服回数を少なくすることができ、同じ効果を得ることができます。アシクロビルは、ヘルペスウイルスへの効果は十分に期待でき、副作用症状も少なく安心して内服することができましたが内服回数が多いことが難点となっていました。
この問題点を改良して作られたものがバラシクロビルを有効成分とするバルトレックスです。バラシクロビルを内服し、体内へ取り込むとき化学変化が起こるように改良したことで、体内への吸収率がはるかに高まりました。バラシクロビルは体内へ吸収され、肝臓で代謝されるとアシクロビルの形になるため、効果はアシクロビルと変わらない効果を得ることができます。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

バルトレックス1000mg