「プレドフォルテ点眼薬」効果・用法・副作用・口コミ

 

プレドフォルテ点眼薬

■おくすり概要

 

プレドフォルテ点眼薬は有効成分にプレドニゾロン酢酸エステルを含んでいます。眼の眼瞼炎や結膜炎、角膜炎、麦芽種など目頭(内眼部)~目尻(外眼部)までのさまざまな炎症反応に効果を発揮してくれます。

プレドニゾロン酢酸エステルは合成糖質副腎皮質ホルモンというステロイドの1つです。副腎皮質ホルモンの働きは大きく分けて2つあり、そのうちの1つが炎症反応を抑えてくれる働きです。
眼に起こる炎症症状はプレッドフォルテを点眼することで、眼に浸透し目の炎症反応を軽減してくれる働きがあります。

また、ストレスなどの刺激から身体を守る免疫機能を高める働きを持っています。眼に外部からの刺激やアレルギーの原因となるアレルゲンが侵入してしまうと、体内からヒスタミンが放出されます。ヒスタミンとは、アレルギー性鼻炎や花粉症、アレルギー性皮膚炎などのアレルギーの原因となる物質と言われています。
外部から侵入したアレルゲンが免疫機能に働きかけるためにヒスタミンが過剰に放出され、かゆみを引き起こし、免疫反応が起こることから眼の炎症を引き起こします。

そこで、プレドフォルテ点眼薬を点眼するとこれらの症状を軽減してくれる働きがあります。ステロイドの外用薬の強さの中では最も弱い種類に分類されますが、脂溶性のため溶けやすく皮膚に入りやすい性質を持っているので、効果は十分に期待することができます。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

プレドフォルテ点眼薬