「プレガビッド(プレガバリン)50mg」効果・用法・副作用・口コミ

 

プレガビッド(プレガバリン)50mg

■おくすり概要

 

プレガビッド(プレガバリン)は有効成分にプレガバリンを含み、リリカのジェネリック医薬品として販売されています。帯状疱疹神経痛や糖尿病性末梢神経障害、線維筋痛症などの治療に使用され、リリカと同様、神経の興奮によって起こる痛みやしびれを緩和してくれる効果があります。

有効成分のプレガバリンはニューロン(神経細胞)の興奮を鎮静化させてくれる効果があります。ニューロンは送られてくる信号を脳に伝える働きを持っています。この働きを興奮と言います。
外部からの刺激は、ニューロンによって脳に伝えられ、脳が身体に指令を送り、身体が反応するという神経伝達を行います。
帯状疱疹神経痛や糖尿病性抹消神経障害、線維筋痛症などの神経性疼痛はニューロンが異常に興奮した状態にあるため、全身に痛みやしびれを感じてしまう苦痛を感じる症状です。

プレガバリンによってニューロンの興奮を抑えてくれることで、一般的に使用されている鎮痛薬では効果があまり得られない神経性疼痛を和らげてくれます。
日本ではまだ未承認の薬ですが神経性疼痛の鎮痛薬として世界中で知られており、最も使用されている薬の1つです。

また、新たに神経性疼痛だけでなく、ニューロンが突然電気的な刺激を受けて起こるてんかんの発作に対しても効果が得られることがわかり、てんかん薬としても使用されるようになりました。
さらに、アルコール依存症や薬物乱用が原因で発症する全般性不安性障害(GAD)にも効果を発揮し、依存症の離脱から起こる不安症状を軽減してくれる働きを持っていると言われています。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

プレガビッド(プレガバリン)50mg