「インデラル10mg(100錠)」効果・用法・副作用・口コミ

 

インデラル10mg(100錠)

■おくすり概要

 

インデラルは、高血圧、狭心症および不整脈の治療や片頭痛の予防に使われる薬です。

この薬の有効成分プロプラノロールは、心臓の働きを活発にするホルモンであるカテコールアミン(アドレナリン)などが、心臓に存在するβ受容体に結合するのを遮断することにより、血圧を低下させ心拍数を下げて、狭心症の発作を予防し、頻脈性の不整脈を抑制します。また、その心拍数をさげるということことが「あがり症」や「緊張時」におこる動悸を抑えたり脈を整える効果があり、「あがり症」対策によく使用されます。

この薬は服用後およそ1時間ほどで効き始め、3~4時間ほど効果が持続しますので、「あがり症」対策としては、使い勝手のよい薬と言えます。ただし、副作用や使用する上で注意すべきことも多いのでよく確認して使用する必要があります。

インデラルはイギリスの製薬会社アストラゼネカが製造・販売を行う薬で、日本では1966年より販売開始され、世界的に豊富な使用実績があります。この薬インデラルは、処方せんを必要とする医療用医薬品です。個人で入手するには個人輸入代行サイトを利用する必要があります。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

インデラル10mg(100錠)