「ヴィジョケア」効果・用法・副作用・口コミ

 

ヴィジョケア

■おくすり概要

 

犬の乾性角結膜炎は、ほうっておくと失明することもある病気です。「免疫」という働きは人だけでなく犬にも備わっていて、ふだんは外から異物が入ってくるのを防いでいます。ところが、間違って自分の身体の一部を異物と認識してしまうことがあります。犬の乾性角結膜炎は、この「免疫」という働きが、自分の眼の細胞を異物だと勘違いして攻撃している状態なのです。

ビジオケアは有効成分にシクロスポリンを含んでいて、乾燥性結膜炎(ドライアイ)の初期段階の治療に使用されている眼軟膏です。有効成分にシクロスポリンを含んだオプティミューンのジェネリック医薬品として販売されています。ビジオケアに含まれるシクロスポリンは免疫抑制剤の1つで、抗炎症作用や涙液の分泌促進作用もあるので、様々な用途で使用されています。

涙は眼にとって重要な役割を担っています。1つ目に涙は眼に栄養や酸素を補給する役割を担っているので、眼にとって欠かせません。2つ目に眼に付着してしまうゴミや老廃物を流してくれたり、涙で眼を保護することで眼に菌が入ってくることを防いでくれる役割があります。

しかし、ドライアイなどで慢性的に眼が乾燥すると涙で眼が保護されていない状態が続くため、角膜炎や結膜炎などの様々な目の炎症を引き起こしてしまう恐れがあります。そこで、ビジオケアを使用すると有効成分のシクロスポリンが涙の分泌を活性化させてくれるので、乾燥している眼を涙で潤してくれるため、ドライアイによって引き起こされる可能性のある炎症を防ぐことができます。

また、シクロスポリンには抗炎症作用などもあるので角膜炎や結膜炎といった眼の炎症も治療してくれる効果が期待できます。メヤニが付着している場合や、眼が痛がっている様子を見せた場合はドライアイの可能性があるので、一度ビジオケアでドライアイの対策をしてみてあげてもいいかもしれません。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

ヴィジョケア