「アドボケート子犬・超小型犬用」効果・用法・副作用・口コミ

 

アドボケート子犬・超小型犬用

■おくすり概要

 

アドボケート子犬・超小型犬用は、背中に垂らすタイプのフィラリア予防薬です。本剤はフィラリアだけでなく、ノミや回虫、疥癬など幅広い寄生虫に効果のあるオールインワンタイプのお薬です。本剤は海外薬ではありますが、同じ名前の日本製の薬が動物病院で処方されており、安心して使うことができます。

フィラリアは蚊に刺されることで犬に感染する寄生虫です。フィラリアの幼虫を持った蚊に犬が刺されると、その幼虫が犬の体内に入り込みます。まだこの時点ではフィラリアの感染は成立していません。体内に入ったフィラリアの幼虫は、犬の体の中を移動しながら1~2か月で心臓内や肺動脈に棲み付き、成虫に成長します。この段階で感染が成立してしまいます。

フィラリアの成虫は20㎝程度のそうめんのような虫で、この虫が心臓や血管に棲み付くことで、犬は心臓にダメージを受けてしまいます。フィラリア症にかかると初期には咳や運動不耐性(すぐに疲れてしまう)という症状が、末期になるとむくみや腹水などが起こり、最終的に犬は心不全や衰弱により亡くなってしまいます。また、時に急性フィラリア症という血尿や呼吸困難を伴う急性の症状を起こすことがあり、その場合にはそれまで元気でも突然死してしまうこともある怖い病気です。

アドボケートに含まれるモキシデクチンは犬の体内に入ったフィラリアの幼虫を駆虫することで、成虫の感染を防ぐための薬です。フィラリア成虫には効きませんので、成虫になるまでの間に投与する必要があります。

その他、消化管内寄生虫である鉤虫や回虫にもモキシデクチンは駆除効果を持っています。さらに、ダニ(マダニではなく犬に寄生する目に見えないダニ)にも効果があり、疥癬(ヒゼンダニ)、耳ダニ(ミミヒゼンダニ)、ニキビダニ(アカラス)など、犬の皮膚にかゆみや脱毛、皮膚炎などを起こすダニの治療にも使うことができます。

また、本剤にはノミの駆虫成分であるイミダクロプリドも配合されています。イミダクロプリドはノミが犬を吸血することでのみの体内に入り込み、神経伝達をブロックしてノミをマヒさせ殺します。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

アドボケート子犬・超小型犬用