「バスパージェネリック(ブスピロン)5mg」効果・用法・副作用・口コミ

 

バスパージェネリック(ブスピロン)5mg

■おくすり概要

 

バスパージェネリックは、不眠・うつ・不安などの精神障害を治療するためのお薬で、先発品であるバスパーのジェネリックです。

有効成分は先発品と同じブスピロン塩酸塩というもので、効果や作用はバスパーとほぼ同一です。ブスピロン塩酸塩は、セロトニン5-HT1A受容体作動薬でアザピロン系の非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬に分類されています。

セロトニンとは、ノルアドレナリンドーパミンなどと同じで、体内で神経伝達を行う神経伝達物質の1つです。セロトニンの働きは、精神を平常に保つ働きがあります。精神を平常に保つことで、ノルアドレナリンドーパミンなど体や心を元気にする物質が正常に働き、精神障害を改善します。

セロトニンが何らかの原因で不足すると精神状態に変調をきたし、不眠・うつ・不安といった精神障害を発生させます。バスパージェネリックは、セロトニンが結合して効果を発揮する5-HT1A受容体に結合して、セロトニンと同様の働きをしますので、不眠・うつ・不安といった精神障害を改善させます。

また、日本において人気のあるデパス(現在は発売中止)と同じような作用を持っています。デパス精神障害を治療するお薬の中では比較的作用が穏やかなクラスに分類されておりますが、バスパージェネリックデパスと同じようなクラスに分類することができます。比較的作用は穏やかに発現し、服用も少ないことから、デパスと同じような形で使用することができます。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

バスパージェネリック(ブスピロン)5mg