「オロブルー点眼薬0.1%」効果・用法・副作用・口コミ

 

オロブルー点眼薬0.1%

■おくすり概要

 

  • アレルギーの時期に目が痒くなる方に
  • 花粉症で目の痒みの酷い方に
  • アレルギー性結膜炎の方に

 オロブルー点眼薬0.1%はアレルギー性の結膜炎の症状を改善する薬剤です。一般名はオロパタジン塩酸塩です。同様の成分を含む国内の医薬品には、パタノール点眼液があります。アレルギー反応によって目の痒みや充血、涙目などの症状が引き起こされるのがアレルギー性結膜炎です。痒みなどの症状は、くしゃみや鼻水の症状といっしょに、花粉症などの季節性のアレルギーに伴って引き起こされることも多くあります。このような不快な目の症状がおこるのには、ヒスタミンやロイコトリエンなどのケミカルメディエーターと呼ばれる体内物質が関係しています。この様な体内物質が脂肪細胞という細胞から放出される事で、アレルギーの症状がおこります。オロブルー点眼薬0.1%は、点眼する事で目の粘膜でヒスタミンが働きかける先であるヒスタミン受容体の働きを妨げる他、ケミカルメディエーターが肥満細胞から遊離されるのを妨げます。この作用によって、アレルギー性の結膜炎の症状を改善する点眼液です。

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

オロブルー点眼薬0.1%