「フロモン(フルオロメトロン)0.1%」効果・用法・副作用・口コミ

 

フロモン(フルオロメトロン)0.1%

■おくすり概要

 

フロモン0.1%は、眼の炎症性疾患の治療薬です。日本で広く使われているフルメトロン点眼液のジェネリック医薬品です。

結膜炎、角膜炎、光彩炎、ブドウ膜炎、術後炎症など様々な眼の炎症に対して効果があります。眼の炎症反応を抑えることによって、眼の痛みや腫れ、かゆみなどの症状を緩和してくれます。

主成分のフルオロメトロンステロイドです。フルオロメトロンの配合濃度は0.1%で、現在日本で承認されている最高濃度となっています。そのため、強力な抗炎症作用が期待できる点眼薬です。

一方、フルオロメトロンは、点眼剤に使われている他のステロイドと比較して副作用が少ないことが確認されています。また、この成分の点眼液は、日本では1975年から使用されており、現在も様々な眼の疾患に使われていますので、十分な効果と安全性があると考えられます。また、フロモン0.1%は主成分が、眼の表面に留まりやすいように工夫されています。この工夫も効果が持続しやすいことと副作用が少ないことに繋がっているのでしょう。

しつまり、効果が高く、副作用が少ない点眼薬ですので、安心して使うことができます。ただし、長期間使用すると副作用が発現することがありますので、長期に使用することは控えてください。

フロモン0.1%は1本5 mLですので、およそ100滴分となります。通常1回に1~2滴で、1日2~4回使いますので、症状や使い方によって変わりますが、概ね1本が2~4週間分となります。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

 

フロモン(フルオロメトロン)0.1%