「アスプリト(アリピプラゾール)5mg」効果・用法・副作用・口コミ

 

アスプリト(アリピプラゾール)5mg

■おくすり概要

 

 統合失調症とは脳内の神経伝達系の不調により、幻聴や妄想などの症状がでる心の病気の一つで、100人に1人が発症するといわれています。 統合失調症合の症状には陽性症状と陰性症状があり、陽性症状では幻聴や被害妄想など「本来は心の中にないもの」が現れます。一方の陰性症状では「本来は心の中にあるもの」が無い状態で、感情や思考能力が減退して引きこもりや無関心などの症状が現れます。 

脳内にドパミンが多いと陽性症状が現れることが分かっているので、ドパミンの働きを抑えれば正常な状態に近づきます。しかし、ドパミンの作用を完全に遮断する従来の薬(ドパミンD2受容体阻害薬)ではドパミン量が減りすぎてしまい、パーキンソン病のような症状(錐体外路症状)を発症しやすくなります。 

スプリトの有効成分のアリピプラゾールは脳内のドパミン受容体を適度に活性化しながら、陰性症状に関わるセロトニンに対して抑制作用があります。つまり、ドパミンの作用が過剰な場合には過剰作用を低下させ、ドパミンの作用が低下すればその作用を促進するという、ドパミン作用の適正化、安定化作用があります。 統合失調症双極性障害の急性期治療のほか、うつ状態発達障害強迫性障害などさまざまな精神症状の改善に使用されています。

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

 

アスプリト(アリピプラゾール)5mg