「アナストロゾール1mg」効果・用法・副作用・口コミ

 

アナストロゾール1mg

■おくすり概要

 

アナストロゾールは、乳がんの再発予防や進行抑制のために使用する薬です。

アナストロゾールが効果を発揮するのは、エストロゲンに感受性の高い乳がんです。乳がん治療の薬物療法には、大きく2つのやり方があり、ホルモン療法と化学療法に分けられます。アナストロゾールの服用は、ホルモン療法になります。

乳がんは、乳腺や乳管にできるがんで、女性ホルモンのエストロゲンが関与しています。このエストロゲンは、閉経前と閉経後で、作られる過程が異なります。

閉経前では卵巣で作られますが、閉経後には主に、男性ホルモンであるアンドロゲンから変換されて作られます。

アンドロゲンからエストロゲンに変換するときに、アロマターゼという酵素がつかわれます。そのアロマターゼを阻害することで、エストロゲンを減少させ、閉経後の乳がん細胞の増殖を抑制します。このような機序であることから、アロマターゼ阻害薬に分類されます。

エストロゲンに感受性が高い乳がんであれば、閉経前の場合にも使用することが可能です。また、乳がん治療以外の使用方法として、不妊治療における排卵誘発剤として用いる場合があります。

生理周期で重要な、女性ホルモンのエストロゲンプロゲステロンがあります。エストロゲンは、卵胞を育てる作用を持ち、生理の終わり頃から分泌量が増え、排卵直前に最大となり、排卵後には分泌量が減少します。体内のエストロゲンを少なくし、排卵のタイミングだと錯覚させるために、アナストロゾールを服用することで、排卵誘発効果が得られるとされています。

 

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

アナストロゾール1mg