「アーモトラズ(アナストロゾール)」効果・用法・副作用・口コミ

 

アーモトラズ(アナストロゾール)1mg

■おくすり概要

 

 乳がんはホルモンの働きに影響を受けやすい「がん」であり、女性ホルモンの一つのエストロゲンがあると乳がんの細胞は活性化して増殖してしまいます。 

乳がんを発症する女性は年齢とともに増加する傾向があり、閉経後の女性に多くみられます。エストロゲンは閉経前は主に卵巣から分泌されますが、閉経後は機能が低下した卵巣の代わりに、副腎から分泌した男性ホルモンのアンドロゲンをアロマターゼという酵素エストロゲンに変換しています。 

アーモトラズ(有効成分アナストロゾール)はアロマターゼの働きを阻害する働きがあります。服用するとエストロゲンの生成が減るため、閉経後女性の乳がん細胞の増殖を抑えることができます。 

閉経前の乳がんも、ホルモン(エストロゲン)に感受性が高い乳がんには効果を発揮します。エストロゲンの生成の減少によりがんの再発予防や、がんの進行の抑制、QOL(生活の質)の改善が期待されます。 

また、アーモトラズは不妊治療にて排卵誘発剤として使用されます。女性の体内では、エストロゲンプロゲステロンという2つの女性ホルモンが生理周期の中で分泌量が増減します。卵胞を育てる働きがあるエストロゲンは生理の終わり頃から分泌量が増えていって排卵直前に最大になり、排卵後にエストロゲンの分泌が減少します。アーモトラズの服用により体内のエストロゲンの量を少ない状態にすることにより体が排卵するタイミングと錯覚して、排卵を誘発する効果があるといわれています。

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

       さらに詳しい情報は

      商品画像をクリック

     ベストケンコーさんにて

      レビュー多数あり

f:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plainf:id:rate5604:20181031190756p:plain

 

アーモトラズ(アナストロゾール)1mg