「アルフゾシンXL(塩酸アルフゾシン)10mg」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

アルフゾシンXL(塩酸アルフゾシン)10mg

■おくすり概要

 

 

前立腺肥大症とは前立腺が大きくなり尿道が狭くなることにより、排尿後もまだ尿が残っている感じ(残尿感)、トイレが近い(頻尿)急に排尿したくなる(尿意切迫感)、お腹に力を入れないと出ない(腹圧排尿)、夜中に頻繁にトイレに行く(夜間頻尿)などの排尿障害が起こる病気です。年齢が高くなるにつれて発症する人が増え、55歳以上の男性の20%に何らかの症状があるといわれています。


前立腺肥大症の原因ですが、前立腺平滑筋にある交感神経の緊張から、尿道が圧迫されて狭くなっていることが考えられます。 
アルフゾシンXLは交感神経のα1受容体を阻害して緊張を和らげる働きがあります。その結果、緊張している前立腺尿道の筋肉が弛緩して尿道が広がることで排尿障害が改善されます。また、過活動膀胱の改善にも効果があります。尿をためる作用により頻尿、夜間頻尿、尿意切迫感などの蓄尿症状の改善にも効果があります。


α1受容体遮断作用がある薬は血管の拡張する働きから血圧低下が起こることがありますが、アルフゾシンXLは従来の薬よりも低血圧を引き起こしにくいとわれています。また、副作用に射精障害がある薬もありますが、アルフゾシンXLは射精機能障害を引き起こしにくいという統計があります。 また、長時間の効果が続く薬なので、1日1回服用と簡単です。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

アルフゾシンXL(塩酸アルフゾシン)10mg