「インデラルジェネリック80mg」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

インデラルジェネリック80mg

インデラルジェネリック80mgは、状況性および全般性不安治療薬、いわゆるあがり症や緊張症の治療薬です。

インデラルジェネリック80mg は、英国で主に活動しているジェネリックメーカーであるTillomed Laboratoriesによって製造・販売されています。

Tillomed Laboratoriesの製造するジェネリックは品質が高いことで有名で、現在メキメキと成長を遂げています。

インデラルジェネリック80mgもそんなTillomed Laboratoriesの製造するジェネリック医薬品であり、先発品のインデラルと同等以上の効果を得ることができます。

日本で販売されていない高用量の有効成分を含有し、さらに剤型も先発品のインデラルのような素錠(コーティング等されていないそのままの錠剤)ではなく体内で優れた効果が得られるように持続放出カプセルとなっています。

1回服用すれば長時間有効成分を放出することができるため、日本で販売されている先発品インデラルのように1日3回も頻繁に服用する必要がなく、飲み忘れしにくいように工夫がされているのが特徴です。

不安症やあがり症だけでなく、高血圧や片頭痛の発作予防のためにも服用することができます。

インデラルは、日本の病院からも処方してもらうことができます。
日本で販売されているインデラルは10mgまでの規格しか存在せず、1箱28カプセル分のインデラルジェネリック80mgと同じ量を処方してもらうには224錠分のインデラル錠10mgが必要です。

日本の病院から、1箱224錠分のインデラル10mgを処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
インデラル10mgの価格:1錠13.2円×224錠=約2,960円
合計約6,460~7,460円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約1,940~2,240円かかります。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

インデラルジェネリック80mg