「スハグラ50mg」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

スハグラ50mg

スハグラはインドの大手製薬メーカー「シプラ社」から販売されている人気のED治療薬です。
PDE-5という酵素を阻害することで陰茎海綿体の血流を増加させ、性的興奮が起きた時に自然かつ強力な勃起を促します。

1990年代に狭心症治療薬の開発中の副産物として画期的なED治療薬が産声をあげました。
それがスハグラの有効成分シルデナフィルです。

98年に「バイアグラ」という商品名でアメリカで発売された当初は爆発的な人気で、あまりの話題に日本でも1年後という異例のスピード(海外の薬が日本で承認されるまでには数年~10年以上かかります。)で承認され処方されるようになりました。
現在では非常にメジャーな薬です。

スハグラはこの有効成分シルデナフィルを含有しているバイアグラジェネリック医薬品です。
バイアグラと同成分・効果でありながら安価でお買い得です。

現在ではシルデナフィルの用法や作用時間を改良したED治療薬が販売されていますが、臨床実績が最も多くネームバリューが高いシルデナフィルは、新しいED治療薬に負けず劣らず現在でも高い人気を誇ります。

ED(Erectile Dysfunction)とは「男性の勃起不全・勃起障害」を意味し、「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と世界的に定義されています。

男性は性的刺激を受けると脳からの指令で陰茎の血管を拡張させる物質(cGMP)が増え、陰茎海綿体の血流が増加して勃起が起こります。
性的興奮が収まると、今度はPDE-5という酵素がcGMPを壊すことで血管を収縮させ勃起が収まる仕組みになっています。 

EDの方においてはcGMPが少ない傾向にあります。
相対的にPDE-5が優位となって陰茎の血管が拡張しにくく、血流が増えないために勃起の発現や維持が難しくなってしまうのです。

EDの原因は加齢・心因性・器質性(糖尿病や動脈硬化といった生活習慣病など)など様々な要因があります。
EDは夫婦やカップルにとって深刻な問題になることが非常に多いです。

スハグラの有効成分シルデナフィルは、cGMPを壊して勃起を終わらせてしまうPDE-5の働きを阻害してcGMPを長持ちさせることで血管拡張・血流増加を促進し、勃起を促し維持します。
そのためスハグラはPDE-5(ホスホジエステラーゼ)阻害薬と呼ばれています。

スハグラに性欲を増やすような作用はありませんが、性行為前に服用することで勃起機能を一時的に改善させ、性的興奮が起きた時に自然な流れで勃起状態を導きます。
約70~90%のEDの方に症状の改善が見られたと報告されており、あらゆる原因のEDに有効です。

また、まだ研究段階ですがスハグラなどPDE-5阻害薬には心肺機能や運動機能の向上・動脈硬化の予防改善といった身体のアンチエイジング効果もあることが近年明らかになっています。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

スハグラ50mg