ヒマラヤ「ブリクシャムラ(脂肪代謝・ダイエット)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

【ヒマラヤ】ブリクシャムラ(脂肪代謝・ダイエット)

ブリクシャムラは、Himalaya Healthcare (ヒマラヤ・ヘルスケア)から製造・販売されている100%天然成分由来のダイエット薬です。

ヒマラヤ社は1930年に創業された100年近い老舗のインドの製薬メーカーです。

ヒマラヤ社はインドの歴史ある伝統医学アーユルヴェーダに基づいた製品を多く開発し、世界中に発信しています。

ブリクシャムラなどのダイエット商品だけでなく、男性機能増強薬や発毛・育毛薬、美白・美容などを目的とした商品も製造・販売しており、現在では300以上もの商品を取り扱っています。

ブリクシャムラもインドの伝統医学であるアーユルヴェーダの知識と原則に基づいて開発されています。

100%天然成分で構成されているので安全性が高く、それでいながら効果が非常に強力といわれています。

アーユルヴェーダ医学の薬は、主に天然に存在する動植物由来の物が多く、約2,000~2,500種類もあります。

それぞれ薬効があり、アーユルヴェーダ医師が患者の症状にあわせて生薬を組み合わせて処方します。

生薬の中には効果が判明していないものもありますが、多くの生薬が現代の医学において作用機序が解明されており、本当に治療効果があることが証明されています。

ブリクシャムラもそんなアーユルヴェーダ生薬の1つです。

服用することで肥満の原因である脂質の合成を阻害する効果により、体内の脂質を減らすことでダイエット効果を得ることができます。

ブリクシャムラはガルシニア・カンボジア(Garcinia cambogia)の乾燥果皮のことです。

ガルシニア・カンボジアは、インドや東南アジアに生育しているオトギリソウ科フクギ属のの常緑樹で、果実は甘酸っぱい味がします。

タイやインドでは、果実や果皮が調味料としても使用されています。

俗に、「ダイエットによい」「リウマチによい」「赤痢によい」などと言われ、様々なサプリメントや民間薬に使用されています。

古くからインドではカレーのスパイスとしてガルシニア・カンボジアが利用されており、アーユルヴェーダ医学では胃潰瘍の治療薬としても利用されていました。

ガルシニア・カンボジアは脂肪の合成を妨げるとともに、脂肪の燃焼を促進し、食欲を抑える効果があることがわかりダイエットに効果がある植物として現在注目を集めています。

現在では、ガルシニア・カンボジアサプリメントだけでなく、お茶やコーヒーとしても販売されておりダイエット目的で様々な方が利用しています。

ガルシニア・カンボジアの果皮はヒドロキシクエン酸 (HCA)といわれる物質を50%含むと報告されており、HCAはダイエットの天敵である脂質の合成を阻害すると考えられています。

このHCAが、ガルシニア・カンボジアのダイエット成分です。

HCAは、脂肪蓄積抑制作用、グリコーゲン蓄積促進作用、脂肪燃焼促進作用の3つの作用によってダイエット効果をあらわします。

食品から摂取した糖分は、解糖系といわれる過程を経てクエン酸となり、アセチルCoA、マロニルCoAを経て脂肪酸に変換されます。

HCAは、ATPクエン酸リアーゼといわれる酵素を阻害することにより、クエン酸からアセチルCoAに変換する過程を阻害することができ、それによって脂肪酸が合成・蓄積するのを防ぐことができます。

これが脂肪蓄積抑制作用です。

さらに、HCAは体内でグリコーゲンへの変換を促進することでダイエット効果をあらわします。

グリコーゲンは、運動の際の持久力上昇や食欲の抑制効果をあらわします。

これがグリコーゲン蓄積促進作用です。

脂肪燃焼促進作用では、体内の脂肪酸はアシルカルニチンに変換され、β酸化、TCAサイクルという過程を経て体内で使用されるエネルギー源となります。

HCAは、カルニチンアシルトランスフェラーゼといわれる酵素の働きを活性化し、それによって脂肪酸のアシルカルニチンへの変換を促進することによって脂肪の分解を促進することができます。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

【ヒマラヤ】ブリクシャムラ(脂肪代謝・ダイエット)