「ロニタブ10mg(ミノキシジル10錠)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

ロニタブ10mg(ミノキシジル10錠)

ロニタブは、AGA治療のための内服薬です。

ロニテンと同じ主成分ミノキシジル配合のため、効果や作用はロニテンに準じます。ミノキシジルは本来、高血圧治療のための降圧剤として開発されたため、血管拡張作用があり、副作用としての発毛効果が認められ、AGA治療の外用薬として発売されました。

現在ミノキシジルは、内服薬と外用薬(塗り薬)に分かれており、内服薬の方が作用効率が格段に高いことが特徴です。内服するだけで面倒くさい手間がいらず、血液に乗って体内循環するため、均一に毛乳頭(毛根)が活性化されることで、血行促進や発毛効果が期待できます。

頭皮吸収となる外用薬では、有効成分が皮膚浸透となるので、経口吸収と比較して効果が下がってしまいますし、頭皮の状態(頭皮の皮脂など)による塗りムラ、個々の体温による薬の変化(気化など)が影響して、作用が安定しないことがあります。一方内服薬では、有効成分が血液に吸収され体内から毛根に送られるため効果が高い、作用時間が長いため毛乳頭の代謝が活性化されやすい、毛根に均等へ行き渡る、という利点があります。

AGA治療薬は多数存在しており、それぞれに薬効がありますが、ミノキシジル内服薬が抜きん出ているのは生え際の発毛効果だと言われています。狭い毛穴など外用薬が浸透しにくい部分の毛根を刺激することができ、特にAGAが発症したとき毛髪が後退しやすく、急速に毛穴の収縮が起こりやすい前頭部の生え際でその効果が顕著に表れます。発毛効果のミノキシジルは、薄毛の進行を止めるフィナステリドと併用することで、より大きな効果を発揮することが期待できます!

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

ロニタブ10mg(ミノキシジル10錠)