「イフ2点眼液」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

イフ2点眼液

イフ2点眼液は、インドのシプラ社が製造販売する点眼薬です。

アレルギー性結膜炎によって引き起こされる症状の改善・治療のために使用されます。

アレルギー性結膜炎とは、花粉やホコリなどが原因で起こる「眼のアレルギー」のことです。日本では、花粉によるものが多く、推定で2000万人以上の人がアレルギー性結膜炎であると言われています。

アレルギーには、Ⅰ型からⅣ型まで4つの型があります。一般的にアレルギーと言われているものは、多くがⅠ型アレルギー。

Ⅰ型アレルギーは、「即時型」とも呼ばれ、アレルゲンに触れてから短時間で症状が起こる特徴があります。アレルギー性結膜炎も、Ⅰ型アレルギーのひとつです。

Ⅰ型アレルギーでは、体の中に花粉などの異物(アレルゲン)が侵入すると、それを攻撃するためにIgE抗体というものが作られます。

本来であれば、IgE抗体は身体を守るために働きますが、過剰に攻撃してアレルギー症状の原因となるヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質を放出してしまうことがあります。

これらの化学物質の作用により、アレルゲンに触れるとかゆみや発赤、炎症などの不快な症状が現れるのです。

眼の場合、花粉やホコリなどのアレルゲンが眼表面に付着すると、結膜に炎症が起こります。アレルギー性結膜炎になると眼の充血や目やに、涙目などの症状が現れ、それに加えてかゆみといった不快症状も起こることが特徴です。

イフ2点眼液の有効成分は、オロパタジン塩酸塩で「抗ヒスタミン薬」に分類されます。

オロパタジン塩酸塩の主な働きは、アレルギー症状を起こす原因となるヒスタミンの作用を抑制し、症状の改善を図ることです。それに加えて、ロイコトリエン等のアレルギーに関与する物質の抑制をする働きもあり、しっかりとアレルギー症状を抑えてくれます。

オロパタジン塩酸塩は、世界80カ国以上で承認され、アメリカではメジャーな抗アレルギー点眼剤として活用されています。日本でも同成分含有の「パタノール点眼液」が協和キリンから販売されており、国内でも安全性が認められていることが分かります。

ヒスタミン薬には、大きく分けて「第一世代」と「第二世代」の二つがあります。イフ2点眼液は、第二世代の抗ヒスタミン薬です。

第二世代は、第一世代と比較すると、眠気や口渇などの副作用が起こりにくいという特徴があります。

実際に、イフ2点眼液による重大な副作用はあまり報告されておらず、長期間にわたった使用も可能と言われています。イフ2点眼液は、副作用が少なく、眼のアレルギー症状を効果的に改善できる点眼薬です。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

イフ2点眼液