「ビマット(ルミガンジェネリック)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

ビマット(ルミガンジェネリック)

ビマットは、緑内障や高眼圧症の治療薬として使用されていた点眼剤ルミガンジェネリック医薬品です。

副作用に目の周囲のまつ毛や産毛の多毛という症状があり、まつ毛を育毛する医薬品として注目されるようになりました。

点眼はせず、別売りのアプリケーターで上まぶたの際に塗布して使用します。

ルミガンはもともと緑内障の治療薬として開発された医薬品でした。
緑内障の症状がおこる原因の1つには、眼内圧が高くなり視神経が障害されてしまう事があります。

眼球の中では常に一定の量の眼房水という体液が生成され、眼球を満たし過剰な分は排出されているのですが、この眼房水の排出が上手くいかなくなると眼内圧が高まり、緑内障が引き起こされます。
有効成分のビマトプロストは眼房水の排出を促進する事で眼内圧を下げる作用があります。

その後、目の周囲の多毛という副作用について研究がすすめられ、ビマトプロストは真皮乳頭や外毛根鞘のプロスタノイド受容体を刺激し、毛周期における成長期を延長する事でまつ毛の成長を促進する事や、休眠期の毛根を刺激する事でまつ毛の厚みや太さを増加させる事がわかりました。

また、メラニン合成を促進しまつ毛の色を濃くする作用があります。
詳しく説明すると、まつ毛を始めとする身体の体毛や髪の毛などは、毛周期という生え変わりのサイクルを繰り返しています。

この毛周期は成長期、退行期、休眠期という順番で繰り返します。
成長期の期間は毛は伸び、また太く育ちます。

次の退行期には毛穴から毛は生えていますが、成長は止まっています。
成長が止まった毛は退行期の終わりに毛根から剥がれ、抜け落ちます。

毛が抜け落ちると次の毛が生えるまでの毛穴は休眠期になります。

毛の太さや厚み、長さは成長期の長さに影響されます。休眠期が短く、成長期が長く続くと、毛は十分な時間をかけて長く太く育ちます。
ビマトプロストによってこの成長期の期間が延び、休眠期が短くなります。

また、体毛は毛根で生まれたばかりのときは白いのですが毛根の周囲の細胞の状態が良いとより多くのメラニンが生まれてくる新しい毛に取り込まれるので、まつ毛が黒く、濃くなります。
ビマトプロストは毛根の周囲の細胞のメラニン合成を盛んにします。

米国での臨床試験では、使用開始16週までに72.2%(18例中13人)のアジア人でまつ毛の増加の効果を感じたとのデータがあります。
通常1~2ヵ月でまつ毛の増加の効果が感じられる事が多く、使用を中止すると徐々に使用前の状態にもどっていきます。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

ビマット(ルミガンジェネリック)