「エラワンジェネリック(アフターピル)」効果・用法・副作用・口コミ

エラワンジェネリックアフターピル

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

エラワンジェネリック(アフターピル)

エラワンジェネリックは緊急経口避妊薬で、一般的には「アフターピル」と呼ばれています。

コンドームが破けるなどのハプニングで避妊に失敗した、性被害に遭ったなど不測の事態で避妊ができなかった時に望まない妊娠を回避するための薬です。

性交後でも120時間以内に服用することで女性自身で妊娠を高確率で防ぐことができます。

エラワンジェネリックを性交後早い時間に服用すればするほど避妊成功率は上がり、性交後24時間以内での服用であれば95%以上の確率で妊娠を防ぐことが可能です。

尚、着床してから服用しても避妊効果はありません。そのため120時間というタイムリミットが設定されています。

日本で流通しているアフターピルのタイムリミットは72時間なので、大分延長されているのがエラワンジェネリックの最大の特徴でありメリットです。性交後数日経過してしまった後も有効です。

エラワンジェネリックは世界的に大人気の新しいアフターピル「エラワン」のジェネリック医薬品なので安価でお買い得となっております。

薬学的には黄体ホルモン受容体調節薬と呼ばれています。

体内の女性ホルモンのバランスを変えることで、排卵を抑制して受精を防ぐ作用・子宮内膜の増殖を抑制して受精卵を着床しにくくする作用・子宮頚管の粘液を変化させて精子の侵入を防ぐ作用を発揮します。

排卵・受精・着床の3段階において作用するため高い避妊効果を発揮します。

性交後時間が経てば経つほど排卵・受精・着床していく可能性が高まるため、アフターピルの服用は時間との戦いとなります。

エラワンジェネリックは効果を発揮する時間が従来のアフターピルから飛躍的に延び、タイムリミットが72時間(3日)から120時間(5日)になりました。

尚、性交後120時間以降になってしまうとさすがに着床まで成立している可能性が高いため、避妊効果は期待できなくなります

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

エラワンジェネリック(アフターピル)