「グリメピリド4mg」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

グリメピリド4mg

グリメピリドは血糖値を下げる作用を持つ2型糖尿病治療薬です。

内服の血糖降下薬は作用で大きく分類すると、「インスリンを出しやすくする薬」・「インスリンを効きやすくする薬」・「食事中の糖の吸収を抑えたり排泄を促す薬」の3つに分かれます。

グリメピリドは「インスリンを出しやすくする薬」に属する血糖降下薬です。

膵臓のβ細胞に働きかけてインスリンの分泌を促進します。

同系統の薬はグリベンクラミド(商品名ダオニール、オイグルコン)、グリクラジド(グリミクロン)などです。

非常に有名でメジャーな血糖降下薬で、薬学的には「SU剤(スルフォニルウレア剤)」と呼ばれます。

BMIが正常範囲内(肥満以下)で、食事療法・運動療法をしても血糖値が改善せず、空腹時血糖値が高い人などに適しています

血糖は名前の通り血液中の糖分のことを言います。
血糖は膵臓から分泌されるインスリンというホルモンで調節されていますが、このインスリンが減少したり働きが悪くなると血糖値が上昇してしまい、「糖尿病」となります。
初期の糖尿病は無症状ですが、放置すると手足の痺れ(神経障害)や壊疽、眼疾患(網膜症)、腎臓病(糖尿病性腎症)などの様々な重い合併症を誘発する恐ろしい疾患です。
血糖値を正常値内に保ちコントロールすることは、将来起こり得る疾患や命の危険を予防することに繋がります。

健康な人であれば、常に少量のインスリンが血液中に分泌されています。食後に血糖が上昇すると追加で大量のインスリンが分泌され血糖が下がるという仕組みです。
2型糖尿病は、インスリンの分泌機能が弱まり少なくなって血糖を処理しきれない状態になるタイプと、インスリンの感受性が悪くなって血糖を処理しきれない状態になるタイプがあります。
グリメピリドなどのSU剤は前者のインスリンの分泌機能が弱まり少なくなったタイプに対して特に効果を発揮します。

グリメピリドの主な作用は膵臓のβ細胞に働きかけてインスリン分泌を促進して増やす作用ですが、それ以外にも肝臓・筋肉・脂肪組織などでインスリンに対する感受性を高めてインスリンの働きを改善する作用(膵外作用)が認められています。
そのため、グリメピリドは他の同系統の薬と比べるとインスリン分泌促進作用は比較的穏やかですが、同等もしくは同等以上の強力な血糖降下力を持っています。
SU剤は食事療法ができていない場合やSU剤によるインスリンの過剰分泌によって体重が増加しやすくなる傾向にありますが、グリメピリドは上記の理由によって体重増加は起こりにくいと言われています。

SU剤を服用するに当たって注意すべきことがあります。それは、服用中に食事療法・運動療法をちゃんとしていても次第に効果が弱まり血糖コントロールができなくなる場合があることです。これは「二次無効」と呼ばれる状態ですが、この場合は他の薬剤への切り替えや他の薬剤との併用、もしくはインスリン療法(注射)への変更が検討されます。
グリメピリドは他の同系統の薬と比べると二次無効も比較的起こりにくいと言われています。

ちなみに、糖尿病には1型糖尿病2型糖尿病と2種類あるので注意が必要です。
1型糖尿病膵臓からのインスリン分泌機能が無くなる疾患で、食生活などの生活習慣は一切関係ありません。1型糖尿病の治療は最初からインスリン注射になります。
2型糖尿病インスリン分泌機能が衰えてもインスリン分泌自体は行われます。普段の生活習慣が大きな要因です。グリメピリドは2型糖尿病治療薬です

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

グリメピリド4mg