「KZローション(ケトコナゾール)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

KZローション(ケトコナゾール)

KZローションは有効成分ケトコナゾール2%を配合した外用ローションです。主にシャンプーとして使用し、頭皮と毛髪をケアして脂漏性皮膚炎やAGA(男性型脱毛症)による症状を改善します。
海外では非常に人気のある製品ですが、国内では流通していません。

脂漏性皮膚炎はマラセチアという真菌の異常増殖が原因のひとつである皮膚炎です。全身に発症する可能性がありますが、頭部に発症することが多いです。マラセチアは常在菌であるため普段は体内に存在するだけですが、過労、ストレス、乾燥、皮脂分泌の増加などの要因でマラセチアが異常増殖すると脂漏性皮膚炎を発症します。
頭皮の脂漏性皮膚炎では毛穴の詰まり・頭皮の炎症によってフケ、痒み、脱毛といった症状が現れます。フケが多いと感じたら脂漏性皮膚炎の初期段階かもしれません。

AGAはAndroGenetic Alopeciaの略称で「男性型脱毛症」を意味します。成人男性によく見られる進行性の薄毛・脱毛であり、遺伝・加齢・男性ホルモンなどの影響で発症します。中高年が過半数ですが、若くして発症する方も一定数います。

KZローションは脂漏性皮膚炎によるフケ、痒み、脱毛の症状とAGAによる脱毛・薄毛の症状を予防改善することができます。
日常的に頭皮のフケ、痒み、薄毛、脱毛に悩まされている方に非常にお勧めです。
これらの疾患を発症している段階ではなくとも、KZローションを使用することで頭皮環境を整えてケアし、発症の予防効果が期待できます

KZローションの有効成分ケトコナゾールはイミダゾール系の抗真菌薬です。
有効成分ケトコナゾールは強い抗真菌活性と広い抗真菌スペクトルを持っていて数多くの真菌に対して殺菌効果を発揮するため、水虫やカンジダなどの真菌感染症脂漏性皮膚炎
の治療に非常に多く使用されています。

ケトコナゾールは真菌細胞の細胞膜の成分であるエルゴステロールの生合成を阻害することで真菌の細胞を壊し死滅させます。
エルゴステロールは真菌細胞が持つ特有の成分で、人間など哺乳類の細胞にはエルゴステロールがないため体内の細胞には全く影響しません。

KZローションはマラセチアという真菌の繁殖を抑制することで脂漏性皮膚炎によるフケ、かゆみ、炎症、脱毛などの症状を改善し、健やかな地肌と毛髪を叶えます。

更に、KZローションはAGA(男性型脱毛症)の予防改善にも有効であることが明らかになっています。
これは、有効成分ケトコナゾールにはAGAの原因物質であるジヒドロテストテロン(悪玉男性ホルモン)を抑制する働きがあるためです。

脂漏性皮膚炎とAGAには脱毛・薄毛という共通点がありますが、両者は合併して起こる事も多いです。疑われる症状がある場合は、放置せずに早めに対策・治療をして地肌や毛髪をケアすることをお勧めします。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

KZローション(ケトコナゾール)