「メプレート10mg(プロベラ)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

メプレート10mg(プロベラ)

メプレート10mgは、日本ではファイザー株式会社が製造・販売している女性ホルモンである黄体ホルモン製剤プロベラ錠のジェネリック医薬品です。

有効成分であるメドロキシプロゲステロン酢酸エステルを、先発品のプロベラ錠の4倍である10mgもの高用量含有し、服用することで強力に作用をあらわします。メドロキシプロゲステロン酢酸エステルは黄体ホルモン製剤といわれ、体内に存在する女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)と同じ部位に黄体ホルモン(プロゲステロン)よりも強力に作用することができます。

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、ストレスや生活習慣の偏り等ですぐにバランスを崩してしまい、女性は月経周期の乱れや不正出血として症状があらわれてしまいます。メプレート10mgの有効成分メドロキシプロゲステロン酢酸エステルは、服用することでそのバランスを崩してしまった黄体ホルモン(プロゲステロン)と同じ働きをし、乱れてしまった月経周期などを整えてくれます。

また、女性的な体の形成、とくに月経バランスを整え、妊娠が確定したら出産まで妊娠を維持する作用もあります。そのため、女性が服用することで月経異常、機能性子宮(子宮からの異常な出血)、不妊症、流早産などに治療効果をあらわします。

メドロキシプロゲステロン酢酸エステルは、女性ホルモンである黄体ホルモンと同じ働きをするので、男性の方が女性化する目的で服用している場合もあります。

女性ホルモンには黄体ホルモンだけでなく、卵胞ホルモン(エストロゲン)といわれるホルモンもあります。

 

メプレート10mgは黄体ホルモン(プロゲステロン)として働き、追加で卵胞ホルモン製剤(プレマリン等)を組み合わせることによって、女性的な体作りやホルモンバランスの調整をして、男性の女性化をしているようです。

日本では、メプレート10mgの先発品であるプロベラ錠を病院から処方してもらうことができます。

しかし、日本ではメプレート10mgの1/4しか有効成分を含有していない2.5mgのプロベラ錠しか処方してもらうことができません。

そのため、メプレート10mgの1箱100錠と同じ量を処方してもらうには、プロベラ錠2.5mgを400錠処方してもらう必要があります。

日本の病院から、プロベラ錠2.5mgを400錠処方してもらうのにかかるコストは、

病院の診察料や処方料
3,500~4,500円

プロベラ錠2.5mgの価格
1錠25.1円×400錠=10,040円

合計で13,540~14,540円もかかります。

保険が適用されれば3割負担で約4,070~4,370円になります。

このコストは、1回病院を受診するだけでプロベラ錠2.5mgを処方してもらえた時の価格です。

しかし、通常日本の病院からプロベラ錠2.5mgを400錠も処方してもらうことはできません。そうすると頻繁に病院を受診しなければならず、そのたびに診察料や処方料がかかってしまうので、実際はこのコストよりもさらに高くなることがほとんどです。

安価で大量に購入を希望されるのであれば、個人輸入代行サイトを利用することがおススメです。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

メプレート10mg(プロベラ)