「フェブリク錠ジェネリック40mg」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

フェブリク錠ジェネリック40mg

フェブリク錠ジェネリック40mgは高尿酸血症治療薬です。

高尿酸血症は、痛風の原因となる疾患です。

尿酸とは、体内に存在するプリン体などが分解された最終産物であり不要な老廃物です。

血中の尿酸値が高い状態が持続すると、尿酸が体内で結晶化し、その結晶が足の親指関節などに沈着することで激痛が生じる痛風発作を起こします。

そのため、痛風発作や腎障害の予防のために高尿酸血症の改善が急務とされています。

フェブリク錠ジェネリック40mgは、痛風の原因となる尿酸の合成を強力に抑制することで血中の尿酸値を低下させ、痛風発作による節々の痛みや、尿酸結石の形成を予防することができます。

注意点は、フェブリク錠ジェネリック40mgは、すでに起きてしまった痛風発作の痛みには効果がないということです。

痛風発作が起きて激しい痛みがあるときは、発作用のお薬を服用するようにしてください。

有効成分はフェブキソスタットです。1錠にフェブキソスタットとして40mg含有しています。

フェブキソスタットはキサンチンオキシダーゼ(XO)阻害薬といわれる種類のお薬です。

痛風高尿酸血症の原因物質である尿酸はヒトにおけるプリン体の最終代謝産物であり、XOの作用により、ヒポキサンチンからキサンチンを経て産生されます。

XOは主に肝、小腸、腎及び血管内皮等の組織に存在しています。

有効成分フェブキソスタットは1日1回服用するだけでXOの作用を強力に阻害することができ、尿酸産生を抑制し血中及び尿中尿酸値を低下させることができます。

また、抗がん薬によるがん化学療法でも、がん細胞が急速に崩壊すると、細胞内の核酸電解質が血液中に大量に放出されます。

核酸は分解され尿酸を産生するため、高尿酸血症を引き起こしてしまいます。

高尿酸血症は腎障害をもたらし、多臓器不全をともなう重篤な腫瘍崩壊症候群にいたるおそれもあります。

フェブキソスタットは、そのようながん化学療法に伴う高尿酸血症の発症抑制にも有用であり、使用されています

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

フェブリク錠ジェネリック40mg