「アタラックス10mg」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

アタラックス10mg

アタラックスには、蕁麻疹や皮膚疾患によるかゆみを抑える効果があります。さらにそれに加えて、不安や緊張、不穏症状などの神経症の諸症状を改善する効果もあります。

皮膚のかゆみや蕁麻疹などのアレルギー症状には、「ヒスタミン」という物質が影響しています。ヒスタミンは、アレルゲンとなる特定の物質が体内に侵入すると肥満細胞から放出されます。そして放出されたヒスタミンは、身体を守るためにさまざまな部位で炎症反応を起こします。

本来は身体を守るための炎症反応が過剰に起きてしまうことで、かゆみなどの不快なアレルギー症状が引き起こされます。

つまり、このヒスタミンの働きを抑制できれば、不快なアレルギー症状を改善させることが可能となるのです。そのために開発されたのが「抗ヒスタミン薬」、そしてそのうちの一つがアタラックスです。

アタラックスを服用すると、ヒスタミンが抑制され、強いかゆみや蕁麻疹を軽減することができます。今生じているかゆみなどの症状に高い効果を発揮するため、すぐに治したい不快感も取り除けます。

ヒスタミンには、炎症反応を起こす働き以外にも、中枢神経を覚醒させる作用があります。そのため、抗ヒスタミン薬であるアタラックスを服用すると、覚醒作用が抑制されて鎮静や眠くなることがあります。

この眠気などの症状は副作用となる場合もありますが、逆手にとって不安や不眠、緊張、抑うつなどの神経症の症状改善に活用することができます。

アタラックスは、他の抗うつ剤などに比べて依存性が低いと言われています。そのため、薬を中止した際に体へかかる負担も少なく、安心して使用することができます。

また、機序は解明されていませんが、吐き気や痛みを和らげる効果もあります。このようにアタラックスは、さまざまな場面で活用できるお薬です。

ヒスタミン薬には、第1世代と第2世代の薬があります。アタラックスに含まれる有効成分・塩酸ヒドロキシジンは、第1世代の抗ヒスタミン薬に使われているものです。

第1世代の抗ヒスタミン薬は、高い効果があるものの、その反面で眠気や口渇などの副作用が現れやすいという特徴があります。眠気など生活に支障が出る副作用もあるため、服用後は注意が必要です。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

アタラックス10mg