「ゾビラックスクリーム」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

ゾビラックスクリーム

ゾビラックスクリームは抗ウイルス薬で、ウイルスの中でも特にヘルペスウイルスに感染した時に効果があると言われています。

ヘルペスウイルスすべてに効果があるわけではなく、単純ヘルペスウイルスⅠ・Ⅱ型、水痘・帯状疱疹ウイルスに効果を発揮してくれます。

その中でも、ゾビラックスクリームは表面に見えるヘルペスにしか効果を発揮してくれません。なので、ゾビラックスクリームが使われる主な疾患は、口唇ヘルペス・陰部ヘルペスの2つになります。

ヘルペスウイルスに感染してしまうと、皮膚や粘膜に水膨れを作るのが主な症状です。口唇ヘルペスは、ストレスが溜まったときや体調が悪い時によくできます。性器ヘルペスは、ヘルペスウイルスに感染している相手とコンドームを使用せずに性交渉してしまうと感染してしまいます。

また、子どもの頃にかかりやすい水疱瘡帯状疱疹も原因はヘルペスウイルスなので、効果を発揮してくれます。

ヘルペスウイルスが体内の細胞に入り込み症状を引き起こすことを感染と言います。ヘルペスウイルスはDNAの周りを取り囲んでいる状態なので、DNAが新しく作られていくのと一緒に体の中でどんどん増殖していってしまいます。

なので、DNAが作られるのを止めれば、ヘルペスウイルスの増殖も防げるということになります。そこで、その役割を担うのがゾビラックスクリームの有効成分であるアシクロビルです。アシクロビルにはDNAを作るのに必要な酵素であるDNAポリメラーゼといわれる物質を阻害する働きがあります。

結果的に、この酵素を阻害することでDNAが作られるのを防ぎ、ヘルペスウイルスの増殖を止めることで、症状が抑えられます。

ゾビラックスクリームは感染の根本のヘルペスウイルスに働きかけ殺菌するのではなく、体内での感染の広がりを抑える薬です。ゾビラックスクリームを塗ることで症状は治まりますが、ヘルペスウイルスは体の神経節と言われるところに潜伏してしまいます。

日本でも多く見られる感染症なので、感染していても無症状で気付かない方もいれば、症状を何度も繰り返し起こしてしまう方もいます。早期にゾビラックスクリームを塗り始めることで、症状は軽く済むので、症状が出たら早めに使用してください。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

ゾビラックスクリーム