「ラブグラ(女性用バイアグラ)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

ラブグラ(女性用バイアグラ)

ラブグラは、女性用に開発されたバイアグラジェネリック医薬品で、不感症や性的興奮障害を改善するための薬です。 カマグラの女性用で、同じ有効成分シルデナフィル配合のため、作用はバイアグラカマグラとほぼ同じと考えられます。

服用することで血管の拡張を阻害するPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素を阻害するという作用は、男性がバイアグラを服用したときと同じですが、異なる点は血管拡張と血流改善の作用部位です。男性の場合は陰茎でしたが、ラブグラはクリトリスや女性器周辺の血流を増加させることにより、膣分泌液の量を増やすことで不感症を改善します。実証はされていませんが、クリトリスが勃起して感度が上がるとも言われています。

最近では女性の性的な問題がオープンとなり、FSD(女性の性機能不全)やFSAD(女性の性的興奮障害)といった症状への対応は医学的にも真剣に取り組まれています。FSDには、”性的欲求低下障害”や性的行為や接触に対して不快感を持つ”性嫌悪症”、背的興奮が得られない・濡れない・行為中に気持ちが冷めてしまう”興奮障害”があります。また、性行為は可能でもオーガズムを感じられない(マスターベーションでは得られることも)”オーガズム障害”や、ボディタッチや挿入時に膣がけいれんしてしまうなどの”性交時疼痛障害”、性交時に痛みを伴う性交疼痛症などもあります。

背景としては生活上のストレスや経済的問題、過去のトラウマなど精神的な原因がある場合もありますし、加齢や閉経によるエストロゲン減少、抗うつ薬経口避妊薬など薬の副作用という身体的原因もあります。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

ラブグラ(女性用バイアグラ)