「フィンカー(フィナステリド5mg錠)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

フィンカー(フィナステリド5mg錠)100錠

フィンカーは、前立腺肥大症治療薬プロスカーのジェネリック医薬品です。インドに本拠地がある有名なジェネリック医薬品メーカーのシプラ(Cipla)社によって製造・販売されています。フィンカーは、有効成分としてフィナステリドを1錠に5mg含有しています。

1日1回1錠服用することで、肥大してしまった前立腺を小さくし、それによって出にくくなっていた尿トラブルを解決することができます。フィンカーの有効成分フィナステリドは、前立腺肥大症の治療にも使用されていますが、日本では男性型脱毛症(AGA)治療薬プロペシアにも含まれています。もともとプロペシアは、フィンカーの先発品プロスカーを前立腺肥大症の患者が服用していた時に副作用として強力な発毛・育毛があることがわかって開発されたものです。プロスカーはフィナステリドを5mg含有していますが、それを長期間服用しても安全だということが確立されたので、それよりも低い含有量のフィナステリドにすることでプロペシアは販売されています。そのため、一部のAGAに悩む方がより強力な効果を求めてプロペシアではなく、フィンカーや先発品のプロスカーを服用することがあります。

しかし、それは適切な服用方法ではないので要注意です。フィンカーが治療効果をあらわす前立腺とは、男性だけにある臓器です。前立腺は膀胱の下にあり、尿道を取り囲む様に存在しています。前立腺の一部は直腸にも接しているため、直腸の壁越しに指で触れることもできます。大きさや形はよく栗の実に例えられています。

前立腺の役割は現在でも詳しくはわかっていませんが、一部解明されている働きとして前立腺液の分泌があります。前立腺液は、精液の一部となり、精子を保護したり、精子に栄養を与えるとともに、その運動機能を高める働きをします。そのため、前立腺は男性にとって大切な臓器となっています。前立腺の生理作用は男性ホルモンによって維持されています。前立腺肥大症とは、男性ホルモンの過剰が原因で前立腺が肥大化してしまい、尿道が圧迫され狭くなることで起こります。

主な症状として、尿が出にくい、トイレの回数が増える、尿をした後にスッキリしない等の尿トラブルにまつわる症状をあらわします。発症する頻度は、年齢とともに高くなり、50歳頃から急激に増加します。フィナステリドは、服用することで体内の5α-還元酵素に作用することで治療効果をあらわします。5α-還元酵素は、男性ホルモンのテストステロンをより強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に変換する働きがあります。DHTは、体内で前立腺を肥大させたり、ニキビ、男性型脱毛症等の原因となります。フィナステリドは、この5α-還元酵素の働きを阻害することでテストステロンがDHTに変換されるのを邪魔することでこれらの諸症状を改善することができるのです。

日本ではフィンカーは承認がされていないので、病院から処方してもらうことができません。

同じ有効成分を含有するAGA治療薬のプロペシアも保険適応されないので全額自己負担になり非常にコストがかかるうえ、前立腺肥大症の治療のために処方してもらうことはできません。

前立腺肥大症の治療としてフィンカーの購入を希望するのであれば、個人輸入代行サイトを利用するのがおススメです

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

フィンカー(フィナステリド5mg錠)100錠