「セチリジン10mg(ジルテックジェネリック)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

セチリジン10mg(ジルテックジェネリック)

セチリジンは有名な抗アレルギー薬「ジルテック」のジェネリック医薬品です。
本剤はインドの大手製薬会社シプラ社が販売しています。

セチリジンは花粉症・ダニ・ハウスダストなどの季節性及び通年性アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎など様々なアレルギー性疾患の治療に日本を含め世界中で多く使用されています。

セチリジンは即効性に優れており、1〜2時間で作用が発現します。その上持続性にも優れており、1日1回のみの服用で効果が持続します。

小児に対しても有効成分セチリジンのドライシロップ製剤(商品名ジルテックドライシロップ)が販売されており、幅広い年齢層から支持されています。

アレルギーの発症にはヒスタミンという体内物質が関わっています。
アレルゲン(花粉やハウスダストなどのアレルギーを引き起こす原因物質)が体内に侵入してくると、異物であるアレルゲンを敵とみなして排除しようとするアレルギー反応が始まり、免疫系の細胞である肥満細胞からヒスタミンなど多くの化学伝達物質が大量に細胞外に放出されます。
放出されたヒスタミンは体内の色んな部位に存在するヒスタミン受容体(H1受容体)という部位に結合することで作用を発揮し、その結果様々な症状(鼻水、くしゃみ、痒み、炎症など)が誘発されるのです。

有効成分セチリジンはこのH1受容体を遮断することでヒスタミンを抑制し、アレルギー反応を抑えることでアレルギーによって起きた諸症状を改善します。
また、ヒスタミンだけではなくロイコトリエンなどの同じくアレルギーに関与する他の化学伝達物質の遊離も抑えてくれます。

このような作用があるため、セチリジンのような抗アレルギー薬は薬学的に「抗ヒスタミン薬」と呼ばれています。
ヒスタミン薬には古くからある「第一世代」と第一世代を改良して作られた「第二世代」に大きく分類されますが、セチリジンは第二世代に属する抗ヒスタミン薬です。
同系統の抗ヒスタミン薬は、アレグラ(有効成分フェキソフェナジン)・ザイザル(有効成分レボセチリジン)・クラリチン(有効成分ロラタジン)などです。
第一世代に比べると、効果はそのままでありがながらヒスタミン受容体への選択性が高まったために眠気や口渇などの副作用がかなり軽減されていることが大きな特徴です。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

セチリジン10mg(ジルテックジェネリック)