「バルトレックス500mg(10錠)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

バルトレックス500mg(10錠)

バルトレックス500mgは、グラクソ・スミスクライン株式会社により製造・販売されている抗ウィルス薬です。有効成分として、1錠にバラシクロビルを500mg含有しています。有効成分バラシクロビルは、服用することで体内に吸収され、アシクロビルという抗ウィルス活性のある成分に変換されます。

アシクロビルは、ヘルペスウィルスや水痘・帯状疱疹ウィルスに感染した細胞の内部に入り込み、ウィルスのDNAの複製を阻害することでウィルスが増殖するのを抑制します。アシクロビルはウィルスに感染した細胞に対してのみ選択的に作用するので、ウィルスに感染していない細胞には無害なので非常に安全性が高いです。

バルトレックス500mgの治療効果は、ウィルス感染の初期に近ければ近いほど効果的です。帯状疱疹の発症後5日以内、水疱瘡においては2日以内にバルトレックス500mgの服用を開始することが効果的なので推奨されています。

バルトレックス500mgは、主に単純疱疹の治療に使用されています。単純疱疹とは、一般的にヘルペスといわれている疾患です。性器で発症したら性器ヘルペス、口唇で発症したら口唇ヘルペスといわれています。

原因となるヘルペスウィルスは成人の多くの方がすでに感染していますが、多くの場合症状がなく自覚がありません。しかし、風邪やストレス、仕事の疲労によって免疫力が低下したときに水ぶくれや発疹としてヘルペスの症状があらわれます。一度ヘルペスの症状が治っても、また免疫力が落ちてしまったら再発してしまいます。

ヘルペスの初期症状では、違和感やピリピリした感じがするので何度か再発している方は水ぶくれや発疹などの皮膚症状が出る前に気付くことができるようです。このような初期状態のうちにバルトレックス500mgの服用を開始すれば、ヘルペスは比較的治りやすいです。

性器ヘルペスの場合は、免疫力の低下だけでなく性交渉による感染でも発症します。主に若い女性に多く、性交渉をしてから2~11日後に発症することが多いです。

発見が遅れて症状が重くなりがちで、水ぶくれや痛みが激しくなるため排尿による痛みや歩行困難になることがあります。

ヘルペスの症状が確認できたら速やかに治療を開始するようにしてください。

日本の病院からもバルトレックス500mgは処方してもらうことができます。
1箱10錠分のバルトレックス500mgを、日本の病院から処方してもらうのにかかるコストは、

病院での診察・処方料:
3,500~4,500円

バルトレックス500mgの価格:
1錠405.6円☓10錠=約4,060円

合計で約7,560~8,560円ほどかかります。

保険適用で3割負担の方でしたら、約2,270~2,570円になります。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

バルトレックス500mg(10錠)