「ビーファット(ゼニカルジェネリック)」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

ビーファット(ゼニカルジェネリック)

ビーファットは日本では未承認のお薬ですが、海外では多くの方に愛用されている肥満症治療薬ゼニカル及びアリーのジェネリックです。

ビーファットは食事とともに服用することで、食事中に含まれる脂肪分の吸収をおよそ30%ほどカットすることができます。

ビーファットは、インドの製薬会社であるIntas Pharma(インタス・ファーマ)社によって製造・販売されています。

インタス・ファーマ社は2006年に創業された比較的新しい企業なのですが、本拠地のインドではすでに医薬品シェアの多くを占める大企業です。

ビーファットもそんなインタス・ファーマ社によって製造されている高品質なお薬で、服用することで強力なダイエット効果を得ることができます。

注意点として、ビーファットはストイックに食事制限をするようなダイエットをする方には適さないお薬です。

食事を摂らなければ脂肪分の吸収をカットできないので、意味がありません。

食べながらにして簡単に痩せるためのお薬なのです。

ビーファットの有効成分は、オルリスタットです。

オルリスタットは、服用することで消化酵素のリパーゼ活性を阻害することでダイエット効果をあらわします。

リパーゼの活性を阻害することで、摂取した食事内容に含まれる脂肪の消化管からの吸収を30%前後抑制し、これによって減量効果を得ることができます。

注意点として、オルリスタットは食事を摂りながらでも痩せることができるとはいえ、過剰に脂肪分を含む食事ばかり摂るのは避けてください。

食べながらでも痩せられるからといって、食べ過ぎは厳禁です!

オルリスタットによって吸収されなかった過剰な脂肪分によって下痢や腹痛などの副作用を起こしてしまうおそれがあるからです。

逆に、過剰に脂肪分の少ない食事や食事制限も避けてください。

オルリスタットの減量効果を得られないばかりか、栄養失調を起こしてしまうおそれがあります。

とくに脂溶性ビタミンといわれるビタミンA・D・E・Kは食事中に含まれる脂肪に溶けて体内に吸収されるため、欠乏症を起こしてしまうかもしれません。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

ビーファット(ゼニカルジェネリック)