「エストロフェム2mg」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

エストロフェム2mg

エストロフェム2mgは、女性ホルモン製剤です。

有効成分のエストラジオールは、女性ホルモンのエストロゲンとよばれ、一般的には卵胞ホルモンといわれています。

女性は、閉経が近づくにつれて徐々に女性ホルモンの分泌量が低下します。

あるいは何らかの理由により子宮摘出をすると女性ホルモンが減少します。

女性ホルモンの低下に伴って更年期障害を起こしてしまいます。

更年期障害の主な症状は、血管運動神経症状(ホットフラッシュおよび発汗)、悪寒、冷え性、動悸、疲労感、頭痛、肩こり、不眠等です。

ホットフラッシュとは、のぼせやほてりのことです。

急に顔が熱くなったり、汗が止まらなくなります。

精神症状としてはイライラしたり、情緒が不安定になったりもします。

エストロフェム2mgは、ホルモン補充療法として1日1錠服用するだけで女性ホルモンを大量に補充し、これらの更年期障害の諸症状を改善します。

また、一部の女性は閉経後に卵胞ホルモンが不足して骨粗しょう症を起こすことがあります。

エストロフェム2mgは、服用することで閉経後の女性の骨粗しょう症の発症も予防することもできるため、世界中で多くの方に利用されています。

注意するべき副作用として、有効成分エストラジオールを服用すると血栓症があらわれやすくなります。

次のような症状・状態があらわれた場合はエストロフェム2mgの服用を中止するようにしてください。

症状は、下肢の疼痛・浮腫、突然の呼吸困難、息切れ、胸痛、中枢神経症状(めまい、意識障害、四肢の麻痺等)、急性視力障害等です。

血栓症のリスクが高まる状態は、身体を動かせない状態、顕著な血圧上昇が見られた場合等です。

必要であれば、医師・薬剤師に相談するようにしてください。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

エストロフェム2mg