「アタラックス25mg」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

アタラックス25mg

アタラックスは抗アレルギー作用を持つ、精神安定剤です。

このお薬はベルギーのucb社の科学者が発見したのですが、その時にはアレルギー薬に大変よく似た構造をもつ精神安定剤として注目されました。その後、さまざまな研究を重ねる中、その独特な構造からアレルギー薬としても、精神安定剤としても効果がみられることがわかり、現在では両方の効果を持つお薬として使用されています。

アレルギーとは、人の体内における異物への過剰反応を言います。体に異物が入り込んでくると、体内ではその情報を受け、どんな異物が入ったのかを体に覚えさせます。次に同じ異物が体内に入り込むと、前回入り込んだ時の記憶を呼び出してきて、邪魔なものだと認識させ、体の外に出すような反応を示すのです。この、2度目に異物が入り込んだ時に、体に反応を示させるように働きかける物質がヒスタミンと呼ばれるものです。

ヒスタミンは、体の中の肥満細胞という細胞内に存在しています。異物が入ってきたとの信号を受けると、肥満細胞からヒスタミンが放出され、体のあちこちにある「ヒスタミン受容体」にくっつきます。受容体にくっつくと、その体の各器官に「異物を排出せよ!」の信号が届くので、さまざまな症状としてアレルギー反応がおこるのです。症状としてはくしゃみ、鼻水、かゆみなどがあります。

アタラックスは、このアレルギー反応をおこす段階のなかのヒスタミンが受容体にくっつく部分を阻止します。ヒスタミンが受容体にくっつく前に、アタラックスが先回りし、受容体をカバーしてしまうことでヒスタミンがくっつけないようにするのです。このため、ヒスタミンからの情報が各器官にまで伝わることができず、アレルギー反応が出るのを抑えることができるのです。

またヒスタミン受容体は脳の中にも多数存在しています。脳の中では、ヒスタミンは覚醒作用といて目を覚まさせるような作用を発揮します。つまり、脳内でヒスタミンが受容体にくっつくことで、目をしゃっきりさせるような作用があるのです。アタラックスがアレルギー反応の時と同じように、脳の中でヒスタミン受容体をブロックしてしまうと、この覚醒作用を妨げる結果となり、眠気が出てきてしまいます。この覚醒作用を妨げる作用を使い、気持ちを落ち着け穏やかにする働きを有効に利用することで精神安定剤として使用されているのです。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

アタラックス25mg