「スポラノックスジェネリック」効果・用法・副作用・口コミ

f:id:rate5604:20181031190756p:plain

 レビュー多数あり

 

スポラノックスジェネリック

スポラノックスジェネリックは有効成分イトラコナゾール100mgを含有する世界的に有名な抗真菌薬です。
本剤はジェネリック医薬品であるためお安く設定されています。

真菌はカビの仲間です。真菌によって引き起こされる真菌症は、身体の表面に感染する表在性真菌症と、肺や肝臓などの臓器すなわち身体の深部に感染する深在性真菌症とがあります。
よく見られる代表的な真菌症は白癬菌による足白癬(水虫)、爪白癬(爪水虫)、頭部浅在性白癬(シラクモ)、体部白癬(タムシ)、股部白癬(インキンタムシ)などやカンジダ菌によるカンジダ症です。

スポラノックスジェネリックの有効成分イトラコナゾールは白癬菌カンジダ、アスペルギルスなど多くの真菌に対して有効なので、様々な真菌症の治療に世界中で使用されています。特に難治性の爪白癬の治療に多く使用されています。

スポラノックスジェネリックはトリアゾール系と呼ばれる抗真菌薬です。
強い抗真菌活性と広い抗真菌スペクトルを持ち、白癬菌カンジダをはじめ様々な真菌に対して著しい殺菌効果を発揮します。

スポラノックスジェネリックの有効成分イトラコナゾールは、真菌の細胞膜を構成する成分「エルゴステロール」の合成を阻害することで真菌の発育を抑制します。 
ヒトの細胞膜にエルゴステロールは存在しないため、有効成分イトラコナゾールは人間の細胞には影響をきたしません。そのため毒性は低く安全に服用できます。

有効成分イトラコナゾールは病巣の移行性が良く、長く留まって殺菌効果を持続させるために様々な真菌症の治療に多く使用されています。
特に、爪白癬の治療といえばイトラコナゾールです。爪白癬は爪の中に真菌が隠れこんでしまうため治療が長くかかり厄介な病態だと言われていますが、イトラコナゾールがよく効きます。
一般的には外用薬で効果が見られなかった場合に本剤のような内服薬を検討します。

     さらに詳しい情報は

    ベストケンコーさんにて

              商品画像からお願いします。

f:id:rate5604:20181031190553p:plain

 

スポラノックスジェネリック